Last-modified: 2014-01-26 (日) 11:34:20 (1153d)

【艦上戦闘機】(かんじょうせんとうき)

航空母艦で運用されることを前提に設計された戦闘機
翼面荷重が低く低速性能に優れること、格納庫のスペースを有効に使うため主翼の折り畳みが可能であること、着艦のためのアレスティングフックを有するといった特徴がある。
狭い艦上での運用を前提にして厳しい制約の中で設計されているにもかかわらず、陸上戦闘機に劣らない能力を持つものも多いため、陸上運用される場合も多い。

艦隊防空や攻撃隊の護衛において極めて重要な役目を果たしており、戦闘スタイルは変わっても、その位置づけは出現から現在に至るまで変わっていない。
現在ではマルチロールファイター化がすすみ、攻撃機の任務もこなせるものが増えている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS