Last-modified: 2012-08-11 (土) 19:24:25 (1686d)

【滑空比】(かっくうひ)

固定翼機エンジンを止めたまま滑空する際の位置エネルギー消費率。
より平易に言い換えれば、「1メートル降下する間に何メートル前進できるか」。

例えば、高度100mの降下で1000m飛翔すれば滑空比10。
あるいは、高度1000mの落下中に10m位置がズレたなら滑空比0.01。

特定の機体が最高の条件に置かれた場合に引き出せる滑空比を、特に「最良滑空比」と呼ぶ。

旅客機貨物機の最良滑空比はおおむね5、滑空機は20〜35を要求される。
滑空機の競技における世界記録級では滑空比が70を越える事もある。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS