Last-modified: 2016-09-16 (金) 14:00:43 (428d)

【下地島空港】(しもじしまくうこう)

沖縄県宮古島市の下地島に所在する地方管理空港
日本で唯一の民間航空操縦士訓練用空港として、1979年に開港した。

開港当時から訓練用として設計されていた為、滑走路の両端にILSが設置されている、日本でトップクラスの地上設備を備えている空港である*1
1994年までは那覇〜下地島間に民間定期便*2が就航していたが、乗客数が少ないために廃止されてしまった。
かつては日本航空全日空が訓練を行っていたが、現在は琉球エアーコミューター(RAC)と海上保安庁が小型機訓練のために使用するのみとなっている。

島に行く場合は、宮古島から船便を使って行く必要があるが、民間旅客機のタッチ・アンド・ゴーが見物できるほか、機体が着陸進入時に珊瑚礁と絡める構図を取りやすいので、撮影目的で訪れる人も少なくない。

shimojishima.jpg

Photo:沖縄県

空港情報

種別地方管理空港(旧第三種
滑走路3,000m×60m(17/35)
3レターコードSHI
4レターコードRORS
ILSあり(ランウェイ17・35)
設置・管理者沖縄県



*1 東京国際空港をはじめとする国内の空港のほとんどは、滑走路の片側にしかILSが置かれていない。
*2 南西航空(現在の日本トランスオーシャン航空)が運航していた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS