Last-modified: 2016-07-10 (日) 16:52:07 (469d)

【乙戦】(おつせん)

旧日本海軍で使われていた戦闘機の分類で、火力と上昇力に優れた戦闘機(主に局地戦闘機)をさす。
そのため、現在のインターセプターに近い役割を担っていた。
陸軍でいう「重戦闘機」の概念とほぼ同じである。

航空本部総務課の資料によると、雷電紫電改烈風、天雷、震電、キ87、キ102甲、キ83がこれに当たる。

関連:甲戦 丙戦


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS