Last-modified: 2017-01-29 (日) 12:19:53 (145d)

【黄金ダイヤモンド柏葉剣付騎士鉄十字章】(おうごんだいやもんどはくようけんつききしてつじゅうじしょう)

ナチ政権時代(1933〜1945)のドイツ軍における戦功勲章「騎士鉄十字章」の最高位に属するもの。
「ドイツ全軍でもっとも勇敢な軍人12名に限り授与されるもの」として1944年12月に創設され、「柏葉剣付騎士鉄十字章」受章者のうち、更に戦功を立てた者に授与されることとなっていた。

実際に授与されたのは、Ju87パイロットハンス・ウルリッヒ・ルーデル空軍大佐一人のみである。*1


*1 一説には本章自身、アドルフ・ヒトラー総統が、(あまりにも戦功を立てすぎた)ルーデルにふさわしい勲章がなかったために作らせたもの、と言われている。
  また、授与者を「12人」にしたのも、(「円卓の騎士」伝説にちなみ)ルーデルのような英雄が再び出現することを念願したもの、という。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS