Last-modified: 2017-03-27 (月) 12:39:11 (143d)

【横田基地】(よこたきち)

U.S.Air Force/JASDF Yokota Air Base.

東京都の多摩中部にある在日アメリカ軍及び航空自衛隊の基地で、沖縄を除くと日本最大の米軍基地となっている。
日本の公的資料では「横田飛行場」と呼称されている。

概要

本基地は東京都福生市、立川市、昭島市、武蔵村山市、羽村市及び西多摩郡瑞穂町にまたがって所在しており、敷地の総面積は7,136km²あり、東京ドームの約150倍に当たる。
この敷地は、書類上では上記の各市町に属するが、事実上日本国の行政権が及ばない「治外法権」地区になっている。

基地内の人口は約10,000人で、内訳は軍人・軍属が約4,000人、軍人の家族約6,000人、日本人従業員2,200人となっている。
在日アメリカ軍司令部や第5空軍司令部が置かれた、極東における主要基地であり、極東地域全体の兵站基地としての機能を有している。
また、(朝鮮戦争において編成された)国連軍の後方司令部が設置されている他、2012年には航空自衛隊航空総隊司令部などが府中基地?から移駐し「航空自衛隊横田基地」が併設された*1

当初、同基地は第二次世界大戦中の1940年(昭和15年)に日本軍の「多摩飛行場」として建設され、太平洋戦争大東亜戦争)中には陸軍の航空機試験場として利用されていた。
終戦後、この飛行場はアメリカ軍によって接収され、「横田飛行場(横田基地)」と改められた。
その後、順次基地の拡張工事が行われ、1960年ごろには現在の規模になった。
拡張に際しては当時の国鉄八高線や国道16号線の経路などが変更された。

朝鮮戦争においてはB-29の出撃基地として機能し、ベトナム戦争ではアメリカ軍の補給基地として積極的に活用された。
現在でも極東地域におけるアメリカ軍の最重要拠点のひとつとして機能している他、関東地方へ向かう民間機(アメリカの航空会社が運航する機材)が羽田空港成田空港に着陸できなくなった際、その代替着陸場として用いられたり、フランス本土とニューカレドニアなどの海外県を往復するフランス空軍輸送機*2が給油・乗員の休憩などのため着陸(テクニカルランディング)することもある。

空港情報

種別軍用
滑走路3,353×60(18/36)
3レターコードOKO
4レターコードRJTY
ILSあり
設置・管理者アメリカ合衆国空軍
防衛省航空自衛隊

駐留する部隊

横田空域

本基地の管制塔航空管制を行うものとして、アメリカ空軍が設定している空域。
正式には「横田進入管制区」と呼び、関東地方と新潟県、山梨県、長野県、静岡県に及ぶ極めて広い空域が含まれている。*4

この空域は、日本国が領空としている空域でありながらアメリカ空軍管制下にあり、民間機はアメリカ軍に対して通過のための手続きをしなければ飛行できない。
もちろん、手続きをすればこの空域内を飛行できるが、飛行経路を細かく設定する必要があり非常に煩雑なため、羽田から西日本・北陸方面へ向かう民間航空機は、この空域を避けるルートで飛行している。
このことが、関東周辺の航空路が過密化する要因のひとつともなっている。


*1 第5ゲートの看板には空自のエンブレムが掲げられているが、表記は「Yokota Air Base 横田基地」となっており、「航空総隊司令部」などの門標は掲げられていない。
*2 フランス空軍は、ニューカレドニアのヌーメア国際空港に空軍第376分遣隊を駐屯させており、本土からA340が飛来している。
*3 スタジオ及び番組制作部門。送信施設は埼玉県和光市に所在。
*4 空域内には横田をはじめ、航空自衛隊入間基地海上自衛隊アメリカ海軍厚木基地があり、これらを使用する航空機に対する進入管制業務を行っている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS