Last-modified: 2022-09-12 (月) 20:15:56 (19d)

【液冷エンジン】(えきれいえんじん)

内燃機関の分類のひとつ。
レシプロエンジンロータリーエンジンのうち、冷却機構に液体を用いるもの。

ジェットエンジンガスタービンは燃焼室の外周に液体を通せない構造のため液冷式は存在しない。

水に不凍液などを添加して用いる「水冷式」と、粘度の低い油脂を用いる「油冷式」に細分される事もある。

燃焼室の周囲に空間を設け、冷却液を循環させる事で冷却を行う。
熱を持った冷却液は熱交換器(ラジエーター)で冷やされ、再び循環する。

空冷エンジンと比べて小型化が容易で、気圧気温の影響を受けにくく、運用の安定性に優れる。
反面、液体を密封する必要性から冷却機構が複雑になり、整備性は体制の整っていない状態では劣悪。
加えて、衝撃や被弾などで配管が破損すると冷却できなくなって過熱・故障を誘発する危険性が高い。

この性質のため、民生用には広く使われるが、軍用の場合、ある程度の損傷が予想される車両などには使われにくい。
ただし、常に高い性能を求められる戦闘機の場合は空気抵抗を減らすことができるため、採用されることが多い。

関連:空冷エンジン


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS