Last-modified: 2012-10-18 (木) 20:09:06 (1715d)

【液体燃料ロケット】(えきたいねんりょうろけっと)

ロケットエンジンの一種。
酸化剤燃料を液体の状態でタンクに貯めておき、それらを燃焼室へ送り込んで燃焼させる。

推進剤としては

が用いられる。
このうち「液体水素−液体酸素」が最も高い比推力(推進剤質量当りの推力)を持つのでよく用いられるが、極低温(-250℃)の液体水素の取り扱いは難しく、低速の段階では必ずしも最高の推力を出すわけではない。

固体燃料ロケットに比べ、タンクやターボポンプなどの部品を必要とするため推力重量比は劣る。
しかし、比推力の高い推進剤を使えるため、推進剤を含めた推力重量比では勝ることが出来る。
また、推力の制御が容易で、必要に応じて点火消火も可能であるため、宇宙船姿勢制御装置や、弾道ミサイルおよび宇宙ロケット?の主エンジンとして使われる。
他に、構造が複雑なため整備が難しく、コストが高いという欠点がある。(しかし、地上でエンジンの燃焼試験は可能)


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS