Last-modified: 2016-03-27 (日) 12:02:25 (570d)

【衛生兵】(えいせいへい)

Medic.

軍隊の兵科の一つで、医療従事者として救急救命と衛生管理を担う将兵。
自衛隊の職種では「衛生科」と呼ばれている。

医療従事者としての技術は応急処置、および重傷者の後送のみ。
とはいえ、たったそれだけの事が負傷兵の生還率を劇的に向上させるのも疑いようのない事実であり、衛生兵の有無・多寡は部隊士気に極めて多大な影響を及ぼす事となる。

なお、必要とされる技術・学術の傾向が異なるため、衛生兵から昇格して医師になるという事はできない*1
本格的な医療行為については、正規の医師免許を持つ士官(軍医*2)が後方の病院で対応する。
重傷者が一命を取り留める規模の医療設備には、少なくともコンテナ一つ分以上の設備が必要となる。
また、敵兵が突撃してきて軍医と重症患者が虐殺の犠牲者になる危険性も否定できない。
最も緊急性の高い事案でさえ、砲火の中に医師が直接飛び込んでいくのは現実的ではない。

例外的に、後送が不可能と目される極限状況での医療を想定した「衛生兵による特殊部隊」も存在する。
アメリカ空軍パラレスキューなどはその代表例である。

死傷者が発生しやすい歩兵部隊に同道する事が多いが、積極的に戦闘参加する事はない。
訓練時間にせよ携行する装備にせよ、多くは救急医療に割かれており、戦う兵士としての信頼性は高くない*3
黎明期にはこの点で臆病者・無能者と揶揄される事も多かったが、現代では大いに価値を認められ、敬意を受ける存在となっている。
敵味方問わず保護・尊重される存在であると法で定められ、非武装で人命を救う事に専念する時期もあった。

もっとも、現実的には戦場での「意図的な誤射」を避けられないため、PDWを携行せざるを得ないのが実情である。
厳然たる事実として、衛生兵を殺害するのは戦術上きわめて有為であり、殺せるなら殺すべきとされる*4


*1 医師になる事を望むなら前線から退いて大学で医療を学ばなければならない。
*2 自衛隊では「防衛医官」と呼ばれる隊員。
*3 ガーゼ、鉗子、点滴などは非常にかさばる装備であり、これに加えて武器弾薬まで持ち運ぶ余裕はほとんどない。
*4 衛生兵に救助された兵士の多くは、近い将来にまた戦場に戻ってくるであろう。
  したがって、衛生兵を数名殺害して彼らが救助されるチャンスを奪えば、増援部隊をひとつ壊滅させるのと同じ効果が得られることになる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS