Last-modified: 2021-12-12 (日) 10:40:44 (198d)

【愛宕(巡洋艦)】(あたご(じゅんようかん))

大日本帝国海軍一等(重)巡洋艦「愛宕」。

高雄?」型*1重巡洋艦の2番艦として、呉海軍工廠にて1927年4月28日に起工し、1930年6月16日に進水。
1932年3月30日に竣工した。
太平洋戦争大東亜戦争)において、開戦当初からさまざまな海戦で活躍したが、1944年10月のレイテ沖海戦において米潜水艦ダーター(USS Darter,SS-227)」の雷撃により沈没。

スペックデータ
基準排水量
(竣工時/改装後)
11,350t/13,400t
全長203.76m
全幅
(竣工時/改装後)
19m/20.73m
喫水
(竣工時・計画/改装後)
6.11m/6.32m
機関蒸気タービン方式 2軸推進
主缶ロ号艦本式缶×12基
主機艦本式タービン×4基
出力13,000馬力
速力
(竣工時/改装後)
35.5ノット/34ノット
航続距離8,000海里/14ノット(竣工時)
5,000海里/15ノット(改装後)
燃料
(竣工時/改装後)
重油:2,645t/2,318t
乗員
(竣工時/改装後)
727名/835名
兵装
竣工時三年式50口径20.3cm連装砲×5基10門
十年式45口径12cm単装高角砲×4門
40mm単装機銃×2挺
八九式61cm連装魚雷発射管×4基8門(九〇式魚雷16本)
1942年三年式50口径20.3cm連装砲×5基10門
八九式40口径12.7cm連装高角砲×4基8門
九六式25mm連装機銃×4基
13mm連装機銃×2基
九二式61cm4連装魚雷発射管×4基(九三式酸素魚雷24本)
装甲舷側:127mm
水平:34〜46mm
砲塔:25mm
艦載機水上偵察機×3機
艦載装備呉式2号射出機×2基



*1 本艦の建造が急がれた結果、ネームシップの「高雄」より先に竣工したため、「愛宕型」と称される場合もある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS