Last-modified: 2017-11-01 (水) 23:24:50 (41d)

【ロスシー】(ろすしー)

F107 Rothesay class frigate
イギリス海軍が運用していたフリゲート艦ホイットビィ級(12型)の派生型として開発された。
ロスシーとは1番艦の艦名からで、艦型では12M型とも呼ばれる。

設計面ではホイットビィ級を踏襲しつつ、レイアウトの改正など、より発展した兵器テクノロジーに対応できるように開発された。
兵装についてはホイットビィ級と同じ構成だったが、1960年代後半から1970年代前半にかけて全面的な改修を受け、後部上部構造物を拡大してハンガーが、またリンボー対潜迫撃砲のうち前方の1基を撤去して船楼甲板レベルにヘリコプター甲板が設けられた。
これにより、ウェストランド・ワスプ哨戒ヘリコプター1機が搭載・運用が可能になった。
また、レーダーソナー・砲射撃指揮装置が新型化され、GWS-20「シー・キャット」個艦防空ミサイルの4連装発射機を搭載した。

1960年から1961年にかけて9隻が就役した。
その後、後継のブロードソード級(22型)?への更新に伴い冷戦終結末期の1988年までに全艦退役した。
なお、南アフリカ海軍向けに3隻(プレジデント級)やオーストラリア海軍向けに2隻(オタゴ級)が建造された。

スペックデータ

備考新造時近代化改修後
排水量基準/満載2,150t/2,560t2,380t/2,800t
全長112.8m
全幅12.5m
吃水5.3m
推進方式蒸気タービン推進方式
ボイラーバブコック&ウィルコックス式水管ボイラー×2基
主機イングリッシュ・エレクトリック製 Y-100型蒸気タービン×2基
推進器スクリュープロペラ×2軸
機関出力30,000shp
最大速力30kt
航続距離5,200nmi/9,600km(12ノット巡航時)
燃料搭載量400t
乗員152名235名
武装Mk.6 45口径4.5インチ(114mm)連装砲×1基
ボフォースMk.2
70口径40mm連装機関砲×1基*1
GWS-20「シーキャット」PDMS
4連装発射機×1基
533mm対潜魚雷発射管×12基
(未搭載または後日撤去)
エリコンKA 85口径20mm単装機関砲×2基
Mk.10 リンボー対潜迫撃砲×2基Mk.10 リンボー対潜迫撃砲×1基
艦載機-ウェストランド ワスプHAS.1
対潜ヘリコプター×1機
レーダー293Q型 短距離対空捜索用993型 短距離対空捜索用
277Q型 高角測定用-
275型 対水上捜索用978型 対水上捜索用
974型 航法用978型 航法用
GFCSMk.6M 射撃管制装置MRS-3 射撃管制装置
IFF1010型 Cossor Mark.10IFF
ソナー174型 捜索用177型 捜索用
162型 海底捜索用
170型 攻撃用
電子戦UA-3電波探知装置
短波方向探知機
-コーバス 3インチ口径
8連装チャフフレア発射機×2基


同型艦

イギリス海軍向け(ロスシー級)
艦番号艦名主造船所起工就役退役備考
F107ロスシー
(HMS Rothesay)
ヤーロウ・シップビルダーズ1956.11.61960.4.231988.3.1988.
実艦標的として使用
F101ヤーマス
(HMS Yarmoth)
ジョン・ブラウン
&カンパニー
1957.11.291960.3.261986.4.301987.
実艦標的として使用
F108ロンドンデリー
(HMS Londonderry)
J・サミュエル・ホワイト1956.11.151961.10.181989.1989.
標的として海没処分
F129リール
(HMS Rhyl)
HMドックヤード
(ポーツマス海軍工廠)
1958.1.291960.10.311985.1985.
標的として海没処分
F126プリマス
(HMS Plymoth)
HMドックヤード
(デヴォンポート海軍工廠)
1958.7.11961.5.111988.4.28
F115バーウィック
(HMS Berwick)
ハーランド&ウルフ1958.6.161961.6.11986.1986.
標的として海没処分
F113ファルマス
(HMS Falmoth)
スワン・ハンター1957.11.231961.7.251989.1989.にスクラップ
F103ローストフト
(HMS Lowestoft)
アレックス・スティーブン1958.6.91961.9.261986.6.81986.6.8
標的として海没処分
F106ブリントン
(Brighton)
ヤーロウ・シップビルダーズ1957.7.231961.9.281985.1985.にスクラップ


ニュージーランド海軍向け(オタゴ級)
艦番号艦名主造船所起工就役退役備考
F111オタゴ
(HMNZS Otago)
ジョン・I・ソーニクロフト&Co.Ltd1957.9.51960.6.221983.11.71987.
スクラップとして
売却解体
F148タラナキ
(HMNZS Taranaki)
1958.6.271961.3.281982.6.18スクラップとして
売却解体


南アフリカ海軍向け(プレジデント級)
艦番号艦名主造船所起工進水就役退役備考
F150プレジデント・クルーガー
(SAS President Kruger)
ヤーロウ・
シップビルダーズ
1960.4.6-1962.10.1-1982.2.18 事故沈没*2
F147プレジデント・ステイン
(SAS President Steyn)
アレックス・
スティーブン
1960.5.201963.4.261984.売却
1990.
スクラップとして解体
F145プレジデント・プレトリアス
(SAS President Pretorius)
ヤーロウ・
シップビルダーズ
1960.11.211964.3.41985.売却
1990.
スクラップとして解体



*1 後にボフォースMk.7 56口径40mm単装機関砲×1基に換装。
*2 給油艦「ターフェルバーグ(SAS Tafelberg)」との衝突事故による。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS