Last-modified: 2013-10-27 (日) 08:03:57 (1280d)

【レシプロエンジン】(れしぷろえんじん)

Reciprocating engine

エンジンの基本原理のひとつ。
燃料の燃焼で生じた圧力を往復運動(reciprocating)として取り出した後、回転に変換して利用するもの。
往復運動を「ピストン」という部品で実現しているため「ピストンエンジン」とも呼ばれる。

熱源については全く限定されず、実際、外燃機関でも内燃機関でも実現可能である。
現代の文脈では、内燃機関ガスタービンでない事を明示する意図で使われる事が多い。

タービンブレードなどで直接に回転運動として取り出す場合に比べ、出力や燃費はやや落ちる。
ピストンの往復をトルクに変換する、という余計なプロセスでの摩擦が不可避なためである。
しかし一方、熱圧力の負荷を分散させやすく、製品寿命や安定性に優れる。

関連:ジェットエンジン ロータリーエンジン 空冷エンジン 液冷エンジン


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS