Last-modified: 2017-09-06 (水) 21:17:38 (103d)

【レーダー警戒受信機】(れーだーけいかいじゅしんき)

Radar Warning Receiver(RWR).

自機に照射されているレーダー波を検知して警告を発する装置。

1960年代の最も原始的な装置では、計器上に輝線を表示してレーダー波の向きと強度を表していた。
ベトナム戦争後期には照射元レーダー型式が分析可能となり、既知の敵性兵器・脅威を類推できるようになった。
現代では、既知のレーダーに関してはほぼ確実に照射元の方位・距離・型式を特定できる。

ELINT済みでない未知の型式については分析を誤る事がある。

主に戦闘艦軍用機など、敵のレーダー圏内で活動する必要のある兵器に装備される。
レーダー走査は目視外からミサイル攻撃を受ける最初の前兆であり、これを検知し損ねれば対処・迎撃が遅れ、死を招く。

関連:ECM ESM セミアクティブレーダー誘導 アクティブレーダー誘導 イルミネーター


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS