Last-modified: 2017-12-07 (木) 23:58:11 (6d)

【リモートウェポンシステム】(りもーとうぇぽんしすてむ)

Remote Weapon System (RWS)
Remote Controlled Weapon System/Station(RCWS)
Overhead Weapon Station(OWS)

重機関銃などの火器をロボットの遠隔操作によって照準・発射するシステム。

火器を据える銃架が照準器(典型的には赤外線対応のTVカメラ)と可動部を備えたロボットになっている。
操作用のコンソールが車両のキャビンなどに取り付けられ、射手自身の体を晒さずに射撃を行う事ができる。

敵の奇襲狙撃に備えた自衛用途に適しており、艦艇APCなどに採用されている。
戦車には同様の役割を果たす同軸機銃が普及しているため、RWSの採用例は少ない。
また視界がTVカメラの画角や感度・解像度等に制限されるため、索敵用途にも適さない。

各国の主なリモートウェポンシステム

  • アメリカ
    • M101 CROWS(アメリカ軍がRecon Optical社製のRAVEN R-400を採用した物。)
    • M151(アメリカ軍がノルウェーのコングスベルグ社製のプロテクターを採用した物。)
      • M153 CROWS II(上記の改良型)
  • イギリス
    • エンフォーサー
    • SWARM
  • イタリア
    • ヒットロール
  • イスラエル
    • ラファエル オーバーヘッド・ウェポン・ステーション(RWS)
    • ラファエルサムソン リモートコントロールド・ウェポン・ステーション(RCWS)
    • ラファエル タイフーン
    • エルビット ドラコニス

  • ロシア
    • アルバレット-DM
    • ブメラング-BM
  • ノルウェー
    • プロテクター


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS