Last-modified: 2014-12-20 (土) 06:53:15 (1037d)

【ヤルタ会談】(やるたかいだん)

第二次世界大戦末期の1945年2月、黒海を臨むクリミア半島のリゾート地・ヤルタで行われたアメリカ・イギリス・ソ連の三国による首脳会談。

概要

第二次世界大戦末期の1945年、西部戦線ではアメリカ・イギリス連合軍がドイツ軍を各地で破りながら、ドイツ国境に迫っていた。
一方、東部戦線でもアメリカの支援付きでソ連軍が西進していた。

そんな中、連合軍による総攻撃や戦後処理の基本方針について話し合うために、米英ソの首脳をソ連唯一の保養地ヤルタに迎えた。

最終的には3国首脳の公式声明、ヤルタ協定、ドイツに対する賠償や分割統治、ソ連対日参戦と(千島・樺太など)日本が帝政ロシアから奪取した領土の処遇(ヤルタ秘密協定)、国際連合の設立会議の開催日と開催地などが取り決められた。

現在ではヤルタ会談での取り決めは、大国の世界分割の合意であるという非難の声も大きい。

ヤルタ秘密協定

主に日本に関する処遇について、米英ソの間で交わされた秘密協定。
1944年12月14日、ソ連のスターリン書記長は駐ソ米大使を通じ、アメリカに南樺太や千島列島の領有を要求した。
これに応じる形で、アメリカ大統領ルーズベルトは千島列島をソ連に引き渡す見返りにソ連の対日参戦を促した。

そしてこの秘密協定で、ソ連はドイツ降伏後の2〜3ヵ月後に下記のような条件で対日宣戦布告をすることが決められた。

  • 外モンゴルの現状維持
  • 日露戦争で割譲された南樺太の返還
  • 中国・大連港の国際化とソ連に対する優先利用権の承認
  • 旅順港租借権の承認
  • 南満州鉄道および東支鉄道の中ソ合弁による運営
  • 千島列島の引渡し

これが、現在まで続く日ソ(露)の長年の懸案、いわゆる「北方領土問題」の元となった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS