Last-modified: 2014-01-18 (土) 09:16:34 (1227d)

【モシン・ナガン】(もしん・ながん)

Мосин-Наган

19世紀末期のロシア帝国時代に開発されたボルトアクション式小銃のシリーズ。
開発者のセルゲイ=モシン大佐とナガン兄弟*1にちなみ、モシン・ナガンライフルと総称されることが多い。

長期にわたって大量に生産され、海外への供与や密輸などの形で世界中に散らばった*2
第二次世界大戦後は、AK-47に主力小銃の座を譲ったものの、高威力と命中精度を生かして狙撃銃として使われ、1960年代にドラグノフが後継となるまで第一線で使用され続けた*3
非正規戦ゲリラテロリストなどに使用された*4のはもちろん、民間レベルでも非常に多く流通していて、アメリカの市場では安値で取引されている。

スペックデータ(M1891/30)

口径7.62mm
全長1,232mm(M91/30)/1,013mm(カービンモデル)
銃身長N/A
重量4kg(M91/30)/3.4kg(M38)/4.1kg(M44)
作動方式ボルトアクション
使用弾薬R7.62mm×54R(ラシアン)/7.62mm×53R(フィンランド)
装弾数5発(箱型弾倉・クリップ)
銃口初速850m/s(ライフル)/800m/s(カービン)


バリエーション

  • M1891:
    ロシア帝国時代から使われているモデル。
    第二次世界大戦時もほとんどが現役で使用された。

  • M1891/30:
    M1910を基に機関部の簡略やコストダウンが図られた、M1891の近代化改修型。

  • ドラグーン:
    騎兵向けモデル。着剣可能。
    • コサック ライフル・ドラグーン:
      上記モデルと同じであるが、銃剣なしで使用する。

  • M1907:
    カービンモデル。銃剣装着不可。

  • M1891/31t:
    最も生産されたモデル。

  • M1910:
    M1891のカービンモデル、着剣装置廃止。

  • M1938:
    M1891/30のカービンモデル、着剣装置廃止。

  • M1891/59:
    カービンモデル。

  • M1944:
    M1938に折りたたみ式スパイク銃剣を装備した改良型。

  • wz.1891:
    マウザーシステムを取り入れたポーランド生産型。

  • wz.1891/30:
    wz.1891の近代改修型。

  • 53式歩槍:
    M1944を中国でライセンス生産したモデル。


*1 エミール=ナガンとレオン=ナガン。
*2 ロシア兵器のこういうところは、今も昔も変わらないようだ。
*3 ただし、現代の山岳戦に直面した際、SVDでは射程と命中精度の問題から敵の排除に手間取り、一部のスペツナズが本銃を倉庫から引っ張りだす事態となった。軍上層部はすでに骨董品と認識していたためこれはまずいと判断。射程が長く、命中精度のいい狙撃銃を求め、それに応じる形でイズマッシュが開発したのがSV-98?である。
*4 現在でもアフガンのゲリラが使用しておりその頑強さがうかがえる。というか、基本的にロシア製の銃は耐久性が高い事に定評がある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS