Last-modified: 2014-12-25 (木) 14:45:59 (965d)

【ミラージュ3】(みらーじゅすりー)

Dassult Mirage III.
ダッソー社が1950年代に開発し、フランス空軍に納入されたジェット戦闘機
ヨーロッパ諸国が開発した機体として、初のマッハ2級戦闘機である。
1952年から開発が開始され、1956年に初飛行した。

尾翼デルタ翼形式を採用し、補助動力としてロケットブースターを機体下部に装備できる事が特徴である。

主な戦歴では、第三次中東戦争イスラエル空軍が使用したほか、印パ戦争、フォークランド紛争、南アフリカの対外戦争(アンゴラ侵攻、独立前のナミビアにおける対ゲリラ戦)等に投入されている。

派生機も開発され、攻撃機型のミラージュ4ミラージュF1につながるSTOL試験機ミラージュ3F2等の他、ネシェルクフィルチーター?・パンテーラ等、他国で生産された派生機・コピー機も存在する。

開発国のフランス本国では既に退役しているが、アルゼンチンやパキスタンでは第一線機として運用されている。
特にパキスタンは各地で退役した機体を大量に入手しており、ミラージュ5を含めて150機以上を保有している。

スペックデータ

乗員1名
全長15.03m
全高4.50m
全幅8.22m
主翼面積35.0
空虚重量7,050kg
離陸重量
(通常/最大)
9,600kg/13,700kg
最大兵装搭載量4,000kg
エンジンSNECMA アター09C-IIIターボジェット×1基
補助動力SEPR844ロケットブースター×1基を装着可能
推力41.97kN/60.8kN(A/B使用時)(アター09C)
14.71kN(SEPR844使用時)
最高速度マッハ2.15
最大速度
(水平/巡航)
1,268kt/516kt
海面上昇率5,000m/min+
実用上昇限度11,000m
荷重制限+4.83G
航続距離2152nm(フェリー)
戦闘行動半径647nm(Hi-Hi-Hi)
固定武装DEFA552 30mmリヴォルヴァーカノン×2基
兵装AAMマトラ?R.511、マトラR.533、マトラマジック
対レーダーミサイル:マトラAS37
爆弾類/その他:通常爆弾、AN52核爆弾ロケット弾ポッド増槽
アビオニクスシラノ-I 火器管制レーダー


バリエーション

ここではミラージュ3のバリエーションのみを表記する。ミラージュ4ミラージュ5のバリエーションは該当項目を参照。

  • ミラージュ3:
    試作原型機。

  • ミラージュ3A:
    初期生産型。
    エンジンはアター09Bを装備。

  • ミラージュ3B:
    レーダーを省いた複座練習機型。

  • ミラージュ3C:
    戦闘機型の本格生産型。

    • ミラージュ3CJ:
      C型の性能向上型。

  • ミラージュ3E:
    戦闘攻撃機型。
    エンジンはアター09Cに換装している。

    • ミラージュ3D:
      E型の複座練習機型。
      フランスではミラージュ3BEと呼ばれる。

  • ミラージュ3R:
    偵察機型。
    機首に光学カメラを装備している。

    • ミラージュ3RD:
      R型の全天候型。

  • ミラージュ3R2Z/D2Z:
    南アフリカ空軍向けの偵察/複座練習機型。
    エンジンはアター09K-50に換装しており、事実上ミラージュ50と同仕様となっていた。

  • ミラージュ3O:
    A型ベースのオーストラリア向け商戦型。
    エンジンをアター09Bからエイヴォン67に変更している。
    エンジンは、パフォーマンス不足で不採用。

  • ミラージュ3O(A):
    E型ベースのオーストラリア向け戦闘攻撃機型。

  • ミラージュ3O(D):
    D型ベースのオーストラリア向け複座練習機型。

  • ミラージュ3O(F):
    E型ベースのオーストラリア向け要撃機型。
    後にO(A)へ改修。

  • ミラージュ3O ROSE機
    パキスタンがオーストラリア空軍から取得したO(F)型を近代化改修した型。
    ROSEは『Retrofit Of Strike Element』の略。

  • ミラージュ3S:
    C型のスイス向け性能向上型。
    アメリカ製レーダーを搭載し、機体構造やブレーキを強化している。
    エンジンや胴体はE型に準ずる。

  • ミラージュ3T:
    アメリカ製エンジン試験機。

  • バルザックV:
    VTOL試験機。
    エンジンはリフト用にロールス・ロイス RB.108を8基、推進用としてブリストル・シドレーオーフュース1基を装備している。

  • ミラージュ3V:
    バルザックVを大型化し、ミラージュ3Tのエンジンを搭載したVTOL試験機。
    エンジンはリフト用にロールス・ロイス RB.162を8基、推進用としてスネクマTF106*1を1基装備している。

  • ミラージュ3NG:
    ミラージュ50の成果を反映し、フライバイワイヤーカナード翼を装備した新世代型。
    ミラージュ2000の廉価版として提案されたが、不採用。

  • ミラージュ3EX:
    ミラージュ3NGの輸出型。
    改造キットとして採用され、ブラジルとベネズエラが改修に使用した。

  • ミラージュ3BZ:
    南アフリカ向け複座練習機型。D型ベース。

  • ミラージュ3CZ:
    南アフリカ向け輸出型。

  • ミラージュ3EZ:
    南アフリカ向け多用途戦闘機型。

  • ミラージュ3F2:
    デルタ翼から、後退翼に変更した複座STOL試験機。
    ミラージュF1の原型となった。

  • ミラージュ3F3:
    単座STOL試験機。
    可変翼ミラージュG?への計画変更により、キャンセル。

  • ミラージュ3K:
    イギリス向け輸出型。計画のみ。

  • ミラージュ3M:
    海軍型。計画のみ。

  • ミラージュ3W:
    アメリカ向け軽戦闘機型。計画のみ。

  • ミラージュ4
    ミラージュ3を大型化した核兵器爆撃機型。詳しくは項を参照。

  • クフィル
    イスラエルによる性能向上型。詳しくは項を参照。

  • チーター?
    クフィルの技術を使用した南アフリカ向け性能向上型。詳しくは項を参照。


*1 P&WTF30(JTF10)を改良しライセンス生産したもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS