Last-modified: 2016-12-16 (金) 18:17:44 (366d)

【ミュンヘンオリンピック事件】(みゅんへんおりんぴっくじけん)

1972年9月、旧西ドイツで発生したテロ事件。

当時ミュンヘンで開催中だった夏季オリンピックの選手村が、パレスチナ過激派「ブラック・セプテンバー」の構成員7名による襲撃を受けた。

犯行グループはイスラエルの代表選手団11名を人質に取り、そのうち2名を殺害。
その後、イスラエル政府に対して収監されているパレスチナ人234人の釈放を要求した。

イスラエル政府は特殊部隊の投入を検討したが、西ドイツ政府は他国軍の介入を拒否し、現地警察での対処を選択。
最終的に警察との銃撃戦になり、警察側に殉職者を出した上で人質全員が死亡するという最悪の結果に終わった。

この事件を教訓とし、後に西ドイツ政府は各種の法令を制定し、対テロ特殊部隊GSG9」を創設する事となった。

教訓

この事件は、テロリズム対策における様々なバトルプルーフを後世に残した。

以下にその一例をあげる。

  • 配置された狙撃手の数が犯人の数より少なかった。
    この事件では狙撃手に関するトラブルが多発したが、発生したトラブルを誰もフォローできなかった事こそが最も重大なミスだったとも言える。
  • 配置された狙撃手の中に、精神的重圧に耐えきれず狙撃できなかったものがいた。
    当時行われていた円形標的を狙い撃つ射撃訓練は、人間を射殺する事に対する精神的な準備としては機能しなかった。
  • 狙撃手の中に、自分が行う殺傷行為について文民統制による免責が正しく保証されるか疑問視していたものがいた。
    これは旧ドイツが第二次世界大戦に敗戦した折、連合国による戦争法廷が多くのドイツ軍将兵を「『自己の良心』に従わず軍の命令に従った事」で有罪とした事に由来する。
    戦争で命じられた軍人の殺人が罪に問われるならば、テロ対策で命じられた警察官の殺人も当然ながら罪に問われるだろうと予測された。
  • 狙撃銃セミオートであるべきだ、と考えられた。
    狙撃にはボルトアクションライフルが用いられたため、狙撃失敗後の次弾装填に手間取って逃走の機会を与えてしまう事になった。
    この事件の後、ヘッケラー&コッホ社はセミオート式の狙撃銃「PSG-1」の開発に着手することになる。
  • 一般的な警察機関がテロリストの計画的犯行に対処する事自体に無理があると考えられた。
    このような危険度の高い案件にはそれ相応の訓練を積んだ特殊部隊をもって充てるべきだ、と主張され、後に各国が対テロ特殊部隊を創設する発端となった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS