Last-modified: 2017-12-26 (火) 11:59:53 (236d)

【ミグ】(みぐ)

MiG.
旧ソ連・ロシアの航空機メーカー「Russian Aircraft Corporation MiG(RAC MiG)」社、及び同社製戦闘機の通称。

ソ連時代の1939年に創設された「ミコヤン・グレビッチ設計局」をルーツとする。
名称は、創設者の A.I.Mikoyan と M.I.Guryevichi の二人の名前に由来している。

第二次世界大戦後の米ソ冷戦時代には、東側初の実用ジェット戦闘機MiG-15を皮切りに、現在でも途上国の空軍で幅広く運用され続けているMiG-21、高高度迎撃機MiG-25、より近代化されたMiG-29など、優秀な戦闘機を多数設計・開発し、ロシア製戦闘機の代名詞ともなった*1

しかし、1991年のソビエト連邦崩壊後に経営危機に陥り、MIG-MAPO*2としての再編を経て現在の名称になっている。

現在のミグ社は、経営方針として主にビジネス機の設計とMiG-29系の輸出に力を入れている。
元共産圏ゆえ企業的ノウハウに欠ける印象が強く*3、ライバルのスホーイに比べて、経営状況はあまりよろしくないという。

http://www.masdf.com/altimeter/monino/migalley.jpg

主な製品

  • 製品
  • 開発・計画中
    • MiG-41(PAK DP):迎撃戦闘機
    • LMFS:ステルス戦闘機(マルチロール機)
    • スキャット(Skat):無人航空機(製造中止)

  • 試作機
    • MiG-5(DIS-200):護衛戦闘機
    • MiG-6:攻撃機
    • MiG-7:戦闘機
    • MiG-8「ウートカ」:後退翼特性実験機
    • MiG-9 «IKh»(I-210):戦闘機
    • MiG-11(I-220):戦闘機
    • MiG-13 «N»(I-250):ジェット混合戦闘機(液冷+モータージェット?
    • MiG-33(MiG-29ME):戦闘機
    • MiG-105:有人宇宙航空機の空力実験機 (スピラーリ?)
    • MiG-110:民間・軍事用双発機(An-24?An-26?の後継機)
    • MiG-125:ビジネスジェット機
    • MiG-AT:練習機
    • 1.27:ステルス戦闘機(PAK FA
    • 1.42:多用途戦闘機(MFI)
    • 1.44「フラットパック」:1.42の概念実証機
    • 4.12:多用途戦闘機(LFS)
    • 7.01:迎撃戦闘機(MDP)
    • 23-01(MiG-23PD)「フェイスレス」:戦闘機
    • 23-31(MiG-21PD)「フィッシュベッド」:実験機
    • 41:戦闘機
    • A-144(MiG-21I)「アナローク」:実験機
    • I-3:迎撃戦闘機
    • I-7U:迎撃戦闘機
    • I-75:迎撃戦闘機
    • I-270 «Zh»:ロケット戦闘機
    • I-320 «R»:迎撃戦闘機
    • I-350:迎撃戦闘機
    • T-101「グラーチュ」:小型輸送機
    • Ye-2A 「フェイスプレイト」:戦闘機
    • Ye-8:戦闘機
    • Ye-50:混合動力戦闘機
    • Ye-150:戦闘機
    • Ye-152 「フリッパー」:戦闘機


*1 ここから生まれた言葉に、ミグアレイMIGCAPなどがある。
*2 Military Industry Group Moscow Aircraft Production Organization。戦闘機のMiGとは無関係だが、意識してMIGと付けられたと考えられる。
*3 例えば、ソ連崩壊後の工場在庫を補修してアルジェリアに押しつけた結果、「品質不良」として返品された事がある。

添付ファイル: fileMiG-21P.jpg 1394件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS