Last-modified: 2017-03-18 (土) 18:56:58 (249d)

【マルチロールファイター】(まるちろーるふぁいたー)

Multi Role Fighter (MRF)

1機で複数種類の任務に対応できる戦闘機
「多用途戦闘機」「スイングロールファイター(Swing Role Fighter)」とも。
代表的な機種としては、アメリカのF/A-18などが挙げられる。

1980年代以降に登場した戦闘機は、ほぼ全てマルチロールファイターである。
その設計思想は、湾岸戦争戦訓によって有効性が実証された。

アメリカ軍のF/A-18は、イラク空軍の迎撃戦闘機MiG-21)を撃墜した上でかつ爆撃をも成功させて帰還。
旧来の戦闘機攻撃機爆撃機の存在意義をほぼ完全に過去のものとした。

関連:DRF マルチロールアタッカー

mrf.jpg

AGM-65空対地ミサイルを発射するF-16戦闘機
Photo: USAF

設計思想と効能

かつての軍用機は、戦闘機攻撃機爆撃機偵察機など目的別に設計されていた。
これは当時のエンジン技術、つまりペイロード搭載能力に大幅な制約があったためである。
戦闘機運動性爆撃機ペイロード搭載量、偵察機航続距離は、全て両立できない性能である。
搭載する装備を積み替えれば多少は互換性があったが、明白な限界があった。

例えば、攻撃機が敵戦闘機に遭遇した際、任務遂行を放棄して爆弾を捨てれば戦えた。
しかし戦えただけであって、それで戦闘機と互角の運動性を得られたわけではない。

しかし20世紀後半以後の技術進歩に伴い、搭載能力の余裕は大幅に改善された。
戦闘機対空対地両方のミサイルを抱えたまま十分な機動力をもって飛ぶ事も可能になったのである。
これによって戦闘機攻撃機を兼ねる機種、マルチロールファイターが誕生した。

マルチロールファイターの出現は、航空戦略・戦術上の様々な利益を生み出した。

生還率の上昇
攻撃機が敵戦闘機の妨害を受けても空対空ミサイルで反撃できる。
また、地上の対空砲陣地に遭遇しても空対地ミサイルで反撃できる。
一つの標的に対する投射弾量は特化した機体よりも劣る傾向にあり、継戦能力は高くない。
しかし、反撃が可能"かもしれない"と思わせるだけでも敵を警戒させて攻撃頻度を下げる効果がある。
機体運用の効率化
同じ機体を換装して、ある時は攻撃機・ある時は戦闘機と任務を転換できる。
機種ごとに個別の整備・操縦技術を習得したり交換部品を調達する手間が省かれ、補給や人材育成が単純化される。
兵站への寄与
作戦に関与する機体の種類が少なくなるため、特定の機体が不足したり過剰に備蓄される事も少なくなる。
これにより、任務に必要な機体を配備するために作戦延期・中止・変更などを行う必要性も減少する。

添付ファイル: filemrf.jpg 1848件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS