Last-modified: 2008-12-20 (土) 15:25:14 (3079d)

【マランの空戦十則】(まらんのくうせんじっそく)

イギリス空軍のエースパイロット、アドルフ・マラン?(撃墜32機)が記した空中戦における10か条の教則。

原題 TEN OF MY RULES FOR AIR FIGHTING (我が空戦十則)

  1. Wait until you see the whites of his eyes. Fire short bursts of one to two seconds only when your sights are definitely "ON".
    敵の白目が見えるまで待て。確実に捕捉した場合にのみ1秒から2秒の射撃を行え。

  2. Whilst shooting think of nothing else, brace the whole of your body, have both hands on the stick concentrate on your ring sight.
    射撃時は集中せよ。全身を引き締め操縦桿を両手で握り照準に専念せよ。

  3. Always keep a sharp lookout. "Keep your finger out".
    常に警戒を厳にせよ。“鼻をほじる暇は無い”

  4. Height gives you the initiative.
    高度は戦闘の主導権を握る。

  5. Always turn and face the attack.
    常に旋回し攻撃のため正対せよ。

  6. Make your decisions promptly. It is better to act quickly even though your tactics are not the best.
    即時に決断せよ。その戦術は最良ではなくとも即時行動は良である。

  7. Never fly straight and level for more than 30 seconds in the combat area
    戦場では30秒以上水平飛行をしてはならない。

  8. When diving to attack always leave a proportion of your formation above to act as a top guard.
    攻撃のため降下する場合は、必ず僚機に上空警護をさせよ。

  9. INITIATIVE, AGGRESSION, AIR DISCIPLINE, and TEAM WORK are words that MEAN something in Air Fighting.
    空中戦ではイニシアチブ、積極果敢、規律、チームワークが重要である。

  10. Go in quickly - Punch hard - Get out!
    素早く接近し、強烈なパンチを食らわせ、即逃げろ!

関連:ベルケの格言


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS