Last-modified: 2016-10-20 (木) 19:28:05 (217d)

【マズルブレーキ】(まずるぶれーき)

Muzzle Brake.

火砲や銃の部品のひとつで、発射口(マズル)に装着され、発射時の反動を軽減するための部品。
日本語では「砲口制退器」と呼ぶ。
概ね、円筒形または箱型の形状で、側面に穴が開けられている。

これを装着した砲や銃は、弾丸を発射する際に装薬の燃焼で発生するガスがこれに当たり、その作用で砲身(銃身)が一瞬前に引っ張られる状態になる。
同時に、側面に開けられた穴から燃焼ガスが噴出して反動をある程度減殺する。

かつては比較的大口径の火砲(戦車砲・榴弾砲など)や機関銃に装着されることが多かったが、近年では歩兵の持つ小銃や民間向けの拳銃の一部にも装着されるケースが増えている。

戦車砲の場合、第二次世界大戦後の主力戦車ではAPDSAPFSDSが多く採用されるようになったため、発射時に分離する装弾筒がマズルブレーキに引っかかる危険があるとして近年では採用されず、油圧で反動を減殺する駐退機を採用するのがほとんどであるという。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS