Last-modified: 2017-03-20 (月) 10:51:49 (65d)

【ボーイングビジネスジェット】(ぼーいんぐびじねすじぇっと)

Boeing Business Jet(BBJ).

アメリカのボーイング社が、自社製の双発小型ジェット旅客機B737をベースに開発・生産したビジネス機
B737-700型をベースに、-800型の主翼降着装置を用いて離陸重量を増やし、内装をビジネス機仕様に改良したものである。
各国の企業や富裕層に属する個人が導入している他、政府専用機としての導入例もある。

日本(B747-47C)やアメリカ(VC-25)などのように、B747クラスの大型機を政府専用機とした場合、(大洋を横断できる長い航続距離が利点ではあるものの)離着陸できる空港飛行場が限定されてしまう*1が、B737クラスの小型機であれば離着陸できる空港飛行場は多い。
さらにベースとなったB737自体も、(本機のベースともなっている)現在販売中のモデルは改良されて旧型よりも航続距離を伸ばしている*2ため、「国家元首・閣僚のプライベートジェット」としては比較的手ごろな機体となりうる。

なお、ボーイング社では本機の他、B747-8B777B787をベースとしたVIP仕様機も販売している*3

参照:http://www.boeing.com/commercial/bbj/

スペックデータ(BBJ1)

乗員2名(機長副機長
乗客8〜63名
全長33.63m
全高12.57m
翼幅35.79m
空虚重量42,895kg
最大離陸重量77,560kg
エンジンCFMインターナショナル? CFM56-7?ターボファン×2基
推力117.4kN)
最高速度マッハ0.82(890km/h)
航続距離11,480km(乗客8名)
11,075km(乗客25名)
10,205km(乗客50名)
実用上昇限度12,496m

バリエーション

  • ボーイングビジネスジェット(BBJ):
    原型機。B737-700型がベース。
  • ボーイングビジネスジェット2(BBJ2):
    B737-800型をベースにしたもの。

  • ボーイングビジネスジェット3(BBJ3):
    B737-900型ベースの機体。


*1 これらの大型機が離着陸するには、2500〜3000m級の滑走路を備えた飛行場が必要となる。
*2 現在はETOPSの改善などにより、南極大陸などごく一部を除けば、地球上のほとんどの場所へ双発機が飛べるようになっている。
*3 なお、これらの機体も「ボーイングビジネスジェット」のブランド名で販売されている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS