Last-modified: 2019-04-09 (火) 23:42:54 (242d)

【ボーイングビジネスジェット】(ぼーいんぐびじねすじぇっと)

Boeing Business Jet(BBJ).

アメリカのボーイング社が、自社製の旅客機をベースに開発・生産しているビジネス機
特に双発小型ジェット旅客機B737をベースにしたものをこう呼んでいる。

B737-700型をベースに、-800型の主翼降着装置を用いて離陸重量を増やし、内装をビジネス機仕様に改良したものである。
各国の企業や富裕層に属する個人が導入している他、政府専用機としての導入例もある。

旧来、政府専用機には大型旅客機を以て充てるのが通例だった。
これは事故に対する安全性の観点、および国外に赴く航続距離の関係で多発機が必要とされていた事に因る。
しかしそうした大型機は相応の設備投資*1を必要とし、中小国での運用には大きな制約があった。
近年では小型機の信頼性・航続距離が大きく向上したため、手頃なビジネス機政府専用機として採用する国も増えている。

なお、ボーイング社では「ボーイングビジネスジェット」としてB737の他、B747-8B777B787といった中・大型機をベースとしたVIP仕様機も販売している。

参照:http://www.boeing.com/commercial/bbj/

スペックデータ(BBJ1)

乗員2名(機長副機長
乗客8〜63名
全長33.63m
全高12.57m
翼幅35.79m
空虚重量42,895kg
最大離陸重量77,560kg
エンジンCFMインターナショナル? CFM56-7?ターボファン×2基
推力117.4kN)
最高速度マッハ0.82(890km/h)
航続距離11,480km(乗客8名)
11,075km(乗客25名)
10,205km(乗客50名)
実用上昇限度12,496m

バリエーション

  • ボーイングビジネスジェット(BBJ(BBJ1とも)):
    原型機。B737-700型がベースで、後に-700ERのベースにもなった。

    • C-40B「クリッパー」:
      アメリカ空軍が高官輸送用として採用した機体の制式名。

  • ボーイングビジネスジェット2(BBJ2):
    B737-800型をベースにしたもの。

  • ボーイングビジネスジェット3(BBJ3):
    B737-900型ベースの機体。

  • ボーイングビジネスジェットC(BBJ C):
    B737-700C型ベースの機体。

  • BBJ MAX7:
    B737-MAX7型ベースの機体。

  • BBJ MAX8・MAX9:
    B737MAX8/MAX9型ベースの機体。
    新しいCFM LEAP-1B高バイパスターボファンエンジンと、燃費を13%改善する最新のウイングレットを備える。

  • BBJ 747-8:
    B747-8ベースの機体。

  • BBJ 777:
    B777ベースの機体。
    75人の乗客を乗せて18,580kmの航続距離を持つ-200LRベースのモデルと、17,220kmの航続距離を持つ-300ERベースのモデルがあった。

  • BBJ 777X:
    B777Xベースの機体。
    75人の乗客を乗せて21,583kmの航続距離を持つ-8と、20,372kmの航続距離を持つ-9がある。

  • BBJ 787:
    B787ベースの機体。
    25人の乗客を乗せて18,418kmの航続距離を持つ-8と、17,566kmの航続距離を持つ-9がある。


*1 一例を挙げれば、滑走路だけでも2500〜3000mという長大な面積を必要とする。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS