Last-modified: 2015-12-19 (土) 15:51:09 (726d)

【ホバリング】(ほばりんぐ)

Hovering.

航空機や鳥などが空中で一時停止する事。
基本的には何かを観測するため、着陸するため、または空挺降下を行うために実施される。

翼の揚力に依存して飛行しているものは停まると失速して墜ちるため、ホバリングが構造的に不可能。
小鳥や昆虫などは羽ばたきの筋力だけでホバリングを行えるが、これはきわめて軽量な動物のみに限られる。

筋肉の推力は筋繊維の厚みに比例するが、筋肉の重量は厚さの三乗に比例する。
だから生物は体重が増えるに従って運動性を失い、重すぎれば離陸はもちろん立って自重を支える事すらできなくなる。

機械の場合、推力を垂直に上に向ける事ができ、かつその状態でバランスを保てる機体である事が要求される。
ジェットエンジンの排気口に真下に向けるか、プロペラを真上に向ければ理論上可能である。
ホバリングする機械の代表格はヘリコプターだが、これもプロペラを真上に向ける事で重力を相殺している。

実際にはただホバリングするだけでは航空機として用を為さず、前進する必要もある。
普通は同じエンジンが前進用とホバリング用を兼ねていて、真上に向けていた推力を傾ける事で前進を行う。
ヘリコプターの場合、前進する時は機体全体が前傾姿勢に傾いている。
VTOLティルトローターの場合はエンジン自体が旋回してホバリングと前進を切り替える。

操縦技術としては、ホバリングはかなりの困難を伴う。
前に進むベクトルがないため機体の静安定性を期待できず、姿勢を崩すリスクが大きい。
また、風などの外乱を受けやすく、ホバリングを終了して前進し始める時も姿勢を崩しやすい。

関連:エアクッション艇 VTOL ティルトローター ダウンウォッシュ


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS