Last-modified: 2017-08-30 (水) 19:03:55 (106d)

【ペロ8】(ぺろはち)

第二次世界大戦中、アメリカ陸軍航空隊が投入した戦闘機ロッキードP-38「ライトニング」に、日本軍将兵が与えた非公式な蔑称。

大東亜戦争開戦当初、日本陸海軍の主力戦闘機であった零戦などは、その俊敏さを生かしドッグファイトにのってきたP-38を多く撃墜した。
その時に「ペロっとなめれる(撃墜できる)P-38」、略して「ペロ8」とあだ名を付けた。

しかし、アメリカ軍が優れた高空性能と、速度の優位性を生かした一撃離脱を徹底するようになると、逆にP-38は多くの日本機を撃墜することになる。
皮肉なことに、第二次世界大戦中の連合国軍における最多の撃墜戦果を記録したエースパイロット、リチャード・ボング氏は太平洋戦線で主にP-38に搭乗し、40機の撃墜戦果を記録している。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS