Last-modified: 2017-04-10 (月) 09:04:13 (245d)

【ヘリコプター揚陸艦】(へりこぷたーようりくかん)

揚陸艦強襲揚陸艦)の一種別。
アメリカ海軍での艦種記号は「LPH」。

ヘリコプターの運用設備を持ち、積載した兵員・資材の揚陸をもっぱらヘリコプターで行うもの。
一方で、一般の揚陸艦のように上陸用舟艇の運用能力は持っていないことが多い*1

また、イギリスの「コマンド母艦」や「揚陸ヘリ空母」をこれに含める場合もある。

主な艦艇

  • アメリカ海軍
    • セティス・ベイ(CVE-90→CVHA*2-1→LPH-6)※カサブランカ?護衛空母改装。
    • ブロック・アイランド(CVE-106→LPH-1)※コメンスメント・ベイ?護衛空母改装。就役せず再度CVEに変更。
    • ボクサー級(エセックス(タイコンデロガ)級空母改装。3隻就役。)
      • ボクサー(LPH-4)
      • プリンストン(LPH-5)
      • ヴァリー・フォージ(LPH-8)
    • イオージマ級(退役)
    • アメリカ?級(強襲揚陸艦だが、1〜2番艦はウェルドック無しで実質的なLPH。3番艦からはウェルドック?を装備)
  • イギリス海軍
    • セントー?級航空母艦改装コマンド母艦
      • アルビオン(R07)
      • ブルワーク(R08)
      • ハーミーズ(R12)※V/STOL空母に再改装*3
    • オーシャン(揚陸ヘリ空母)


*1 実際には小型の揚陸艇を持つものもあるが、ウェルドックを持たないので本格的な運用はできない。
*2 強襲ヘリコプター母艦。
*3 その後、インドに軽空母として輸出され「ヴィラート」として2017年まで用いられた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS