Last-modified: 2017-09-29 (金) 22:34:13 (49d)

【フリゲート】(ふりげーと)

Frigate.

軍艦の種別のひとつ。
時代によって以下のような定義がある。  

帆船時代

帆船時代のフリゲートは「一層甲板*1・3本マスト、20〜40門程度の砲を装備した快速軍用帆船」の意味であった。
(英国では5・6等艦にあたる艦)

単独で戦列艦と直接撃ち合える能力はなく、大規模戦闘にはほとんど参加しなかった。
基本的に単艦もしくは小規模艦隊で運用し、船団護衛・商船襲撃・辺境警備などに運用された。
大衆の目に触れる機会も多く、同時代を代表する軍艦と言える。

海軍における帆船時代は19世紀前半が最盛期で、1853年に榴弾が実戦投入されるまで続いた。
その後は装甲蒸気機関を備えた装甲フリゲートへと置き換えられていった。

現代のフリゲート

現代の「フリゲート」は基本的に排水量3000t〜4000t以下の小型戦闘艦艇を指す。

だが、駆逐艦とフリゲートの境界は非常にあいまいである。
例えば、現代イギリス海軍は排水量を考えず、任務の性質でフリゲートと駆逐艦を分類している。
即ち、潜水艦対策を行う艦を"frigate"、航空機を駆逐する艦を"destroyer"と称する。

関連:護衛駆逐艦


*1 砲甲板が一層しかない分、防御力は戦列艦よりも高い。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS