Last-modified: 2017-01-04 (水) 21:17:54 (173d)

【フラクショナル・オーナーシップ】(ふらくしょなる・おーなーしっぷ)

ビジネス機の所有形態のひとつ。

機体一機の所有権をいくつかに分割して販売し、購入者にはその比率に応じた飛行時間を割り当て、その時間の範囲内であれば自由に機体を使用してよい、とするシステム。
1984年、アメリカの「エグゼクティブ・ジェット・アビエーション」社*1によって始められた。

当初は「普通なら一機売れるところが『分割された所有権』の分しか売れなくなるのでは」と考えられ、航空機のセールスマンからは嫌われたが、実際には「それまでビジネスジェットなど考えもしなかった」新規顧客の開拓に成功、ビジネス機の販売拡大に貢献することになった。

現在では(個人や企業の)ビジネス機の所有形態として一般的なものとなりつつある。


*1 現在の「ネットジェッツ社」。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS