Last-modified: 2015-09-25 (金) 20:05:31 (641d)

【フライトアテンダント】(ふらいとあてんだんと)

Flight Attendant.
または「キャビンアテンダント(CA=Cabin Attendant)」「パーサー」とも呼ぶ。

旅客機の運航中、客室内で接客・非常時の避難誘導*1などに従事する乗員。「客室乗務員」。
歴史的に女性が就く事が多かったため、かつては「スチュワーデス」「エアガール」「エアホステス」などとも呼ばれていた*2

1930年、アメリカのユナイテッド航空が機内での応急手当などを目的として看護士を搭乗させた事に始まる。
これは安全性をアピールする意図もあったというが、これが好評だったため同業他社も追随、多くの会社が採用した。

当時の看護師の多くが女性であった事が既成事実化し、現代に至るまで女性が優先的に採用される職業となっている。
男性が就く事も理論上可能*3だが、採用件数も、乗客と接する機会もきわめて少ない。

20世紀前半〜中盤に、女性が就く事が可能だった数少ない専門職のひとつであり、社会的ステータスの高い職業*4として知られてきた。
近年では格安航空会社の台頭や職業観の多様化によって相対的に地位が低下しているが、未だ女性の憧れの職業の一つである。


*1 日本では就職に特別の資格を必要とはしていないが、非常時対応のため、就職に救命士の資格取得を条件としたり、職種そのものを国家資格としている国もある。
*2 近年、この種の「性差」を強調した呼び名は公文書・公的場面から排除される傾向にある。
*3 実際に「客室系総合職」という待遇で採用された男性社員が業務に就くこともある。
*4 航空会社のブランドイメージに関わるため、思想傾向や来歴・スキャンダルの有無の調査も含めた厳しい審査基準を設けている企業も少なくない。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS