Last-modified: 2019-06-18 (火) 20:48:37 (94d)

【フォッカー100】(ふぉっかーひゃく)

Fokker 100.

1980〜1990年代、オランダの航空機メーカー・フォッカー社が開発・生産・販売していた小型の双発ジェット旅客機リージョナルジェット)。
前作・F28をベースに、各部を近代化した形で開発された。

F28は、整備性の良さと価格の安さなどから世界各国の航空会社から受注を集めたが、1980年代になると陳腐化が目立ち始めた。
そこで、1983年に開発が開始されたのが本機である。

機体はF28をベースにしており、胴体後尾にエンジンを装備し、T尾翼も踏襲している。
F28 Mk4000より胴体を5.74m延長しており、主翼も1.5m延長されている。

客席数は標準107席と、F28の約二倍になった。
また、操縦系統も最新の電子機器に更新され、エンジンもロールス・ロイス「テイ Mk.620?」に改められて経済性が30%向上した。

座席数100席クラスのカテゴリーには、ボーイング737エアバスA320A319などがあり、激しい競争が繰り広げられた。

本機は、フォッカー社が倒産する1997年まで生産が続けられ、283機が生産された。
日本での運用はなかったが、かつては大韓航空や中国東方航空なども保有しており、日本への地方路線にも就航していた。

関連:フォッカー70

主なオペレーター

  • 民間
    • ニューギニア航空
    • エア・パナマ
    • アライアンス航空
    • アバンティ・エア
    • Bek Air
    • カルパトエア
    • ヘルヴェティック・エアウェイズ
    • イラン航空
    • イラン・アーセマーン航空
    • IRS航空
    • Karun Airlines
    • キーシュ航空
    • モンテネグロ航空
    • カンタスリンク(Network Aviation)
    • Qeshm Air
    • スキッパーズ・アビエーション
    • Trade Air
    • Transwisata Air
    • Tus Airways
    • ヴァージン・オーストラリア・リージョナル航空

  • 政府・軍
    • コートジボワール政府
    • フランス政府
    • スロバキア政府
    • ミャンマー空軍

スペックデータ

タイプフォッカー100
(テイ620)
フォッカー100
(テイ650)
乗員2名
座席数122名(1クラス、最大)
107名(1クラス、一般的)
97名(2クラス、一般的)
座席ピッチ74cm(1クラス、最大)
81cm(1クラス、一般的)
91cm&81cm(2クラス、一般的)
全長35.53m
全高8.50m
翼幅28.08m
翼面積93.5
胴体直径3.30m
キャビン3.10m
キャビン高2.01m
空虚重量24,375kg24,541kg
最大離陸重量43,090kg45,810kg
最大ペイロード11,242kg11,993kg
燃料容量13,365L
エンジンターボファン×2基
ロールス・ロイス テイMk.620-15
推力61.6kN(13,850lbf))
ロールス・ロイス テイMk.650-15
(推力67.2kN(15,100lbf))
最大巡航速度M0.77(845km/h)
航続距離2,450km3,170km
上昇限度11,000m
離陸滑走距離
(最大離陸重量時)
1,520m1,621m



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS