Last-modified: 2011-10-17 (月) 23:38:30 (2021d)

【フォッカーの災難】(ふぉっかーのさいなん)

Fokker Scourge.
「フォッカーの懲罰」「フォッカーの苦行」とも。

第一次世界大戦初期の1915年、プロペラ同調装置を持ったドイツのフォッカーE.I戦闘機が、連合国軍の偵察機を一方的に撃墜し、連合国がほぼ完全に航空優勢を失ったショックを、英国が表現した語。

しかし、間もなく連合国側も同様の戦闘機を開発・実戦化することに成功したため、この「災難」は長く続かなかった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS