Last-modified: 2016-08-13 (土) 20:28:59 (227d)

【ピラーニャ】(ぴらーにゃ)

スイス・モワク社製の装輪式装甲兵員輸送車
1970年代に輸出用として開発され、現在のAPC隆盛のはしりとしてライセンス生産された車両を含め、西側諸国に広く普及した。

車体前面左側に操縦手席、前面右側が機関室、中央が戦闘区画、後部が兵員室となっている。
戦闘区画部分の上面に砲塔を有し、標準装備のほか90mm砲、対戦車ミサイルなどを搭載可能。

スペックデータ

開発国スイス
主製造社モワグ社
ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ (GDLS)(ライセンス生産
乗員3名+兵員10名
全長6.0m
全高2.7m
全幅2.6m
戦闘重量8.5t
エンジンディーゼルエンジン(下記4種より選択)
デトロイト・ディーゼル 6V-53TA
MTU 6V-183-TE22
カミンズ 6CTAA8.3-T350
キャタピラ 3126
エンジン出力280hp
登坂力60%
超堤高0.5m
最大速度100km/h(路上)
航続距離600km
兵装M242「ブッシュマスター」25mm機関砲×1門(LAV-25)
M240 7.62mm同軸機銃×1挺(LAV-25)


主なバリエーション

  • ピラーニャ1:
    初期型。4×4、6×6、8×8の3タイプが作られた。
    基本型の装甲兵員輸送車タイプは、4×4型が全備状態で7.8t、乗員数は最大10名、6×6型は10.5tで乗員が最大14名、8×8型が12.3tで乗員最大15名とされていた。

  • ピラーニャ2:
    1990年代に開発・製造された機動力と装甲防御力を向上させたモデル。
    シリーズ中では最大の10×10型も新たに作られた。

  • ピラーニャ3:
    1996年に開発・製造された搭載量、機動性と装甲防御力を更に向上させたモデル。
    装甲防御力は、専用に開発された追加装甲パッケージを装着することで向上された。

  • ピラーニャ4:
    最新型。
    モジュール装甲を採用し、エッジの丸まった車体形状が特徴。

  • ピラーニャ5:
    イギリス陸軍が次期主力APCとして開発中のモデル。
    ピラーニャ4をベースにしている。

各国の派生型

  • ピラーニャ1
    • AVGP?
      カナダ陸軍向けモデル。
    • LAV-25?
      アメリカ海兵隊向けモデル。
    • ASLAV?
      オーストラリア軍向けモデル。

  • ピラーニャ2
    • バイソン:
      カナダ軍向けAPC型。
    • コヨーテ:
      カナダ軍向け装甲偵察車型。
    • デザートピラーニャ
    • LAV-II

  • ピラーニャ3
  • ピラーニャ4

  • ピラーニャ5


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS