Last-modified: 2016-10-20 (木) 19:38:36 (250d)

【ピューマ】(ぴゅーま)

Sud-aviation(Airbus Helicopters) SA330 Puma.

フランスのシュド・アビアシオン社(現エアバス・ヘリコプターズ)が開発したターボシャフト双発の汎用ヘリコプター
中型機のSA-316「アルーエト3」?や、超大型機のSA-321「シュペルフルロン」?を保有していたフランス軍であったが、その間を埋める輸送効率に優れたヘリコプターを欲したことから、1962年に「アルーエト4」として本機の開発が発注された。

1965年に初飛行した機体は、同時期のCH-53と同様、胴体横にスポンソンを持ち、その中に引き込み式のランディングギアを内蔵するという、現代のシングルローター式大型ヘリコプターの基本形とも言うべき構造を確立した。

従来の輸送ヘリコプターよりも洗練されコスト・パフォーマンスに優れていたため、大型ヘリコプターとしては軍民問わず多くのセールスを獲得した。
またイギリス空軍やルーマニア空軍では、現地でライセンス生産された機体が制式採用された。

現在では、後継型のシュペルピューマおよびクーガーが生産されている。

スペックデータ

SA330
乗員3名+兵員20名(最大)
全長18.21m
全高5.14m
主回転翼直径15.9m
空虚重量3,770kg
最大離陸重量7,400kg
発動機チュルボメカ タルモIIIC4ターボシャフト×2基
超過禁止速度310km/h
巡航速度280km/h
航続距離550km
実用上昇限度4,800m
上昇率9.2m/sec


IAR-330L
全長15.0m
全高4.6m
全幅3.38m
主回転翼直径16.2m
空虚重量3,615kg
最大離陸重量7,400kg
エンジンチュルボメカ タルモIVBターボシャフト(出力1,400hp)×2基
超過禁止速度263km/h
武装SOCAT改修前:
NR-23 23mm機関砲×2門(装弾数400発(1門あたり))
DShKM 12.7mm重機関銃×2挺(ドアガン)
UB-16-57 16連装ロケット弾ポッド×4基(S-5 57mmロケット弾を搭載)
9M14「マリュートカ」対戦車ミサイル×4基(試験のみ)
50kgまたは100kg爆弾×4発(試験のみ)
SOCAT改修後:
Nexter THL-20 20mmチェーンガン×1門(装弾数850発)
UB-16-57 16連装ロケット弾ポッド×2基(スパイクER非搭載時は4基装備可能。)
スパイクER対戦車ミサイル×8基

派生型

  • SA330A「アルーエトIV」:
    試作型。

  • SA330B:
    フランス陸軍向け初期生産型。

  • SA330C:
    輸出型。

  • SA330E:
    イギリス向け生産型。イギリス軍では「ピューマ HC Mk.1」と呼ばれる。

  • SA330F:
    民間向け輸出型。

  • SA330G:
    民間向け輸出型の改良型。
    タルモIVCエンジンを搭載し、ローターを改良した。

  • SA330H:
    G型に順ずる近代化改修型。フランス空軍ではSA330Baと呼ばれる。

  • SA330J:
    民間向け近代化改修型。

  • SA330L:
    高地・高温環境対応型。

  • SA330S:
    ポルトガル向け輸出型。

  • SA330Z:
    フェネストロン試験機型。

  • SA330「オーキデ」:
    Orchidee捜索システムを搭載したフランス陸軍向け改造型。

  • オリックス:
    南アフリカの性能向上型。

  • IAR-330:
    ルーマニアでのライセンス生産型。性能はSA330Lに相当する。
    • IAR-330L SOCAT:
      SOCAT*1を搭載した対戦車ヘリコプター型。
    • IAR-330 Naval:
      洋上装備とSOCATシステム*2を装備した型。

  • NAS330:
    インドネシアでのライセンス生産型。性能はSA330Jに相当する。


*1 Sistem Optronic de Cercetare şi Anti-Tanc:対戦車光学索敵・戦闘システム
*2 スパイクの運用能力は無し。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS