Last-modified: 2014-01-03 (金) 15:55:16 (1212d)

【ピトー管】(ぴとーかん)

航空機対気速度を計測する装置。
現代では、一部の軽航空機を除くほぼ全ての航空機に装備されている。
機体によって乱された気流を避けるため、通常は機首の先端か側面に取り付けられるが、場合によっては主翼垂直尾翼の前縁に付けられる場合もある。

フランスの水理学者、ヘンリー・ピトーが水流の速度を測定するために考案したことからこの名がついている。

構造は二重構造の管で、内側の管の先端と、外側の管の側面に穴が開けられている。
この二つの穴に流体が通ることで、それぞれに加わる圧力の差を計測し、そこから速度を割り出すことができる。
前述の通り、元来は水流の速度を測定するために造られたが、気流の速度を測定する事も可能であるため、航空機に用いられている。

穴が塞がると機能不全に陥るため、地上ではカバーを取り付けて穴詰まりを防ぐ。
また、氷点下では着氷で氷が詰まってしまう事があるため、高空ではヒーターなどの防氷装置も必須となる。
実際、穴に泥が詰まったり*1、離陸時にカバーを外し忘れた事が原因で計器故障により墜落した事故も存在する。

関連:指示対気速度 較正対気速度 リムーブビフォアフライト


*1 ドロバチなど、穴に泥を詰め込む習性のある生物による。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS