Last-modified: 2017-10-08 (日) 19:20:25 (10d)

【ヒットトゥーキル】(ひっととぅーきる)

Hit-to-kill.

兵器の弾体を標的に直撃させる事、もしくはそうする必要のある兵器。
榴弾焼夷弾燃料気化爆弾核爆弾など、直撃せずとも周辺被害を及ぼす兵器との比較で用いられる語。

小銃拳銃などの銃撃、徹甲弾成形炸薬弾バンカーバスターなどが該当する。
射出で生じた運動エネルギーで標的に衝突させる場合と、衝撃信管で接触時に爆薬を起爆させる場合がある。

ヒットトゥーキルの利は破壊力を一点に集約できる点にあり、特に堅固な装甲を貫通する上で必要とされる。
一方、目標が機動すると容易く射線から外れてしまうため、動く目標・小さな目標に対する攻撃には向かない。
また、破壊力が局所に集中する性質上、巨大で分散したシステム(基地など)への攻撃にも適さない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS