Last-modified: 2023-01-12 (木) 18:18:46 (24d)

【ヒットアンドアウェイ】(ひっとあんどあうぇい)

Hit and Away.

「一撃離脱」とも呼ばれる。
有効射程索敵能力の許す限り遠くから攻撃を仕掛け、即座に撤退する戦術

戦術的にはゲリラ戦騎兵による突撃狙撃手の配置などが代表例。
成功しても火力効率が悪く、敵戦力に有効打を与える前に撤退・離脱を余儀なくされる事も多い。
その際には追撃を振り切るだけの機動力が必要となる。

また、上記の理由から、ヒットアンドアウェイは「撤退する事が可能な状況下」でしか成立しない。

兵站基地との接続は一戦力にとって必須事項だが、非常時に基地ごと撤退するのは極めて困難である。
従って、敵軍に兵站網の配置を把握されてしまった状態でのヒットアンドアウェイはほとんど成功しない。

総じて時間稼ぎ・兵站士気への負荷に主眼を置く戦術であり、ヒットアンドアウェイのみで戦略的な勝利を得る事は難しい。
しかし、戦術的には敵戦力を少しでも弱体化させ、自軍が優位な状態での決戦を強いる事ができる。
大規模な作戦においては、本隊が大規模な追撃を仕掛けるために、敵軍を拘束して隙を作るために別働隊が実施する事が多い。

例えば、敵軍の移動経路のいくつかを妨害し、砲兵部隊キルゾーンへと誘導するために仕掛ける場合がある。

航空戦における一撃離脱

軍用機、特に戦闘機においては、ドッグファイトを避ける奇襲的な戦術として一撃離脱を指向する事がある。
典型的には、事前に上昇して位置エネルギーを確保した後、重力を利用して降下することで加速、高速で接近して減速を最小限に抑えつつ一撃を加え、そのまま離脱する。

戦闘機の黎明期である第一次世界大戦当時から、先制発見時の奇襲戦術として知られてはいたものの、当時の軍用機の速度性能では奇襲効果が薄く、攻撃前に察知・回避されたり、離脱に失敗して戦闘がドッグファイトへ移行することがほとんどだった。

戦間期から第二次世界大戦頃には航空機の最高速度・上昇限度が向上し、戦術上の戦訓も集積され、一撃離脱が空戦の主戦法へと移っていった。

近代的な戦闘機における空対空ミサイルの応酬も、おおむね一撃離脱の様相を呈する。
先んじて敵機を発見した側がアウトレンジから高速で接近し、有効射程に入り次第ミサイルを発射、即座に後方反転して敵射程外まで離脱する。
そのような目視外射程での戦闘においても、初手での一撃離脱に失敗すれば敵機との距離が縮まることでドッグファイトに移行することがある。

敵味方双方がミサイル有効射程付近で離脱しては再接近を繰り返し、敵機が背を向けている間に自機だけ有効射程圏まで接近する事を目論む事になる。

関連:ドラッグ機動 チェックシックス


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS