Last-modified: 2016-09-10 (土) 13:54:57 (462d)

【パラベラム・ピストーレ】(ぱらべらむぴすとーれ)

DWM Parabellumpistole

DWM社が設計した半自動式拳銃
C96に次ぐ世界二番目の軍用ピストルで、制式採用されたものとしては世界初。

発案はDWM社でボルヒャルト・ピストーレの販売促進を行っていたゲオルグ・リューゲル。
同銃が大きすぎる事を理由にセールスが不調だったため、もっと小さな拳銃が必要だと提案。
しかし原設計者のヒューゴ・ボルヒャルトはこの進言に反発し、DWM社から離反してマウザー社へ転籍。
残された技術者たちが独自にボルヒャルト・ピストーレを改良し、世に送り出した。

最終的に、DWM社の電信略号から「パラベラム・ピストーレ」と名づけられた*1
正式名称が定められるまでは「DWMピストーレ」「ボルヒャルト・リューゲル・ピストーレ」などと呼ばれていた。

設計上の最大の懸案は、大型化の原因だったリコイルスプリングを移設することだった。
結局は銃把(グリップ)の中にリコイルスプリングを内蔵し、同時に銃把の角度を後ろ斜めにして把持性を向上させた。
この構造は後の半自動式拳銃の基本的な設計思想として現在まで継承されている。

1900年にはスイス軍に制式採用され、その後改良型がドイツ軍へ採用されていった。
制式採用により大量生産の必要が生じたため、複数のメーカーでライセンス生産が行われている。
ベルサイユ条約のために生産を止められたが密かに再開、第二次世界大戦の途中まで生産が続けられた。
しかし、その複雑なトグルアクション機構ゆえ高価で信頼性に劣り、その役割をP38に譲っていった。

アメリカでも評判がよく、軍への制式採用を逃したものの、民間市場では人気のある銃であった。
この際、アメリカの輸入業者が無断で「Ruger」と発案者リューゲルの名をブランド化して販売。
このため、アメリカでは「ルガー・ピストル(Ruger Pistol)」という名前が浸透している。

スペックデータ

口径9mm
全長220mm
銃身長102mm
重量870g
使用弾薬9mmパラベラム
装弾数8発、32発
作動方式シングルアクション
トグルアクション式ショートリコイル
銃口初速350〜400m/s
有効射程50m


バリエーション

  • M1900:初期型。スイス軍制式採用。使用弾は7.65mmパラベラム。
  • M1902:M1900の口径を9mmパラベラムへ拡大したもの。不採用。
  • P04:M1902のドイツ海軍採用版。
  • P06:P04のリコイルスプリングを板バネからつる巻バネへ変更し、グリップセフティ?を追加したもの。
  • P08:P06のグリップセフティ?を再度廃止して、ドイツ陸軍が採用したもの。
    • P08 マリーネ(ネイビー):ドイツ海軍用6インチ銃身モデル。2段切り替え式のリアサイトを、トグル後部に有する。

*1 ラテン語の格言"Si vis pecem, para bellum"(汝平和を欲するならば戦に備えよ)に由来。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS