Last-modified: 2016-01-31 (日) 10:35:56 (417d)

【ハンス・ヨアヒム・マルセイユ】(はんす・よあひむ・まるせいゆ)

Hans Joachim Marseille(1919年生〜1942年没).
第二次世界大戦時に活躍したドイツ空軍エースパイロット
最終階級は空軍大尉。

連合国軍の高性能戦闘機との戦いにおいて、158機の撃墜戦果を記録。
「アフリカの星」としてドイツ国内でプロパガンダの材料になり、戦後も映画の主人公になるなど、極めて高い知名度を誇る人物である。

敵の機動を予測した見越し射撃という特徴的な戦法を得意とし、「マルセイユの射撃に敵機が吸い込まれていく」とまで言われた。

彼の愛機には「ゲルプ14」といわれる黄色で描かれた14のマークが描かれていた。
この「14」という数は、本来、空軍の一中隊の編成機数が12機であることからありえない数字であり、エースである彼だからこそ許された数字であった。

1942年9月、今まで乗りなれていたメッサーシュミットBf109F型から初めて乗り換えたG型に搭乗中、エンジン不調に陥り、脱出する際に尾翼と接触してそのまま墜落死した。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS