Last-modified: 2015-05-03 (日) 18:54:17 (697d)

【ハンス・ウルリッヒ・ルーデル】(はんす・うるりっひ・るーでる)

Hans Ulrich Rudel(1916年生〜1982年没)

第二次世界大戦時、Ju87急降下爆撃機を操って敗戦まで出撃を繰り返し、歴史上もっとも多くの戦車を撃破したとされるドイツ空軍操縦士
軍人としての最終階級は空軍大佐。

非常に卓越した操縦技術を持っていたが、その一方で社交性に乏しかった。
そのためか、1938年8月にJu87部隊に配属された後、偵察機部隊に配属され、1941年初頭までの間後方で訓練と教育に明け暮れた。
だが、バトル・オブ・ブリテンにおいてJu87が大きな損害を出したことを考えると、この時期に前線から遠ざかっていたことは幸運だったかもしれない。

彼が脚光を浴びるのは1941年の独ソ戦からで、高射砲弾で右足を失いながらも義足で出撃を続け、2530回出撃、30回撃墜され、5度負傷。
ソビエトの戦艦マラート?を1.4t爆弾で大破着底させるなどの活躍を見せ、「最高のJu87パイロット」と賞賛された。

戦果は戦車519輛*1撃破、車輛800台以上撃破、砲150門以上撃破、戦艦巡洋艦駆逐艦各1隻撃沈、舟艇100隻以上撃破、航空機9機*2撃墜とずば抜けており*3、スターリンに「ソ連人民最大の敵」と言わしめ、賞金まで掛けられたという。
ドイツ軍最高位の戦功勲章黄金ダイヤモンド柏葉剣付騎士鉄十字章」を授章された唯一の人物*4でもある。

戦後も実業家・登山家として活躍する一方、アメリカのフェアチャイルド社が後にA-10となる攻撃機を開発した際には同社に顧問として招かれ、開発陣にアドバイスを与えたともいう。*5

1982年12月18日バイエルンにて死去。葬儀では西ドイツ空軍F-4「ファントム」2機が追悼飛行を行った。


*1 この戦果は、戦車部隊一個軍団を撃滅したのに相当する。
*2 戦闘機2機、爆撃機5機、その他2機。9機のうち1機はJu87Gの37mm砲によって撃墜。
*3 これは確認された戦果だけの数字であり、実際の戦果はこれよりも多いという。
*4 「黄金ダイヤモンド柏葉剣付騎士鉄十字章」の項にもあるように、この勲章自体が、ルーデルの戦功の並外れた多さにふさわしい勲章がなかったために作られた、とも言われている。
*5 収納時も一部露出した着陸輪や、被弾しても任務の続行が可能な重装甲、そしてパイロットの生還を重視した設計はルーデルの助言によると言われている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS