Last-modified: 2015-10-05 (月) 12:17:19 (799d)

【ハーグ陸戦条約】(はーぐりくせんじょうやく)

いわゆる戦時国際法の一つで、1899年のハーグ平和会議で制定された多国間条約。
主に戦争における法律用語の定義と、戦争当事者の取り扱いについて定めている。
主な規定は以下の通り。

  • 「交戦者」の定義とその権利・義務・禁止事項
  • 「捕虜」の定義とその取り扱い
  • 「傷病者」の取り扱い
      (独自の規定なし。「ジュネーブ条約に依る」の一文があるのみ)
  • 「攻撃の手段」に関する禁止事項
  • 戦時における「スパイ」の定義と取り扱い
  • 軍使」の定義と取り扱い
  • 降伏」の取り扱い
      (独自の規定なし。当事者間の協定を遵守する旨があるのみ)
  • 「休戦」の定義と取り扱い
  • 「占領」の定義と占領軍の権利・義務・禁止事項

法律としての直接的な効力は無く、批准国が各個に定める戦争法規の指針として扱われる。
具体的な戦争法規は各国ごとに個別であり、意図的に黙殺されている条文も少なくない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS