Last-modified: 2017-01-25 (水) 23:56:59 (236d)

【ニーン】(にーん)

Rolls-Royce Nene
ロールス・ロイス?社が開発した遠心圧縮式ターボジェットエンジン
同社が開発したターボジェットエンジンである「ウェランド?」や「ダーヴェント?」に続いて3番目に実用化されたエンジンである。
主な搭載機として、ホーカー・シーホーク?やスーパーマリン・アタッカー?に搭載された。

ライセンス生産も行われ、アメリカではP&W社によって「J42」および「J48*1」としてF9Fシリーズ(パンサー/クーガー)に搭載された。
また、フランスやオーストラリア、カナダでもライセンス生産され、オーストラリア空軍ではデハビランド?ヴァンパイア?、カナダ空軍ではカナディア?T-33に搭載された。

さらに、ソ連や中国ではデッドコピーが行われ、ソ連ではRD-45(後のVK-1)、中国では渦噴5型(WP-5)として開発され、MiG-15MiG-17殲撃5型に搭載された。

派生型として、ニーンの縮小版でグロスター・ミーティア搭載用の「ダーヴェント5」*2アフターバーナー装備の改良型である「テイ?」がある。

スペックデータ

タイプ遠心圧縮式ターボジェット
長さ96.8インチ(2,458.7mm)
直径49.5インチ(1,257.3mm)
乾燥重量1,600lb(725.7kg)
圧縮機1段遠心式
燃焼器燃焼室×9缶
タービン1段
燃料ケロシン
最大推力5,000lbf(22.24kN)
燃料消費率1.06lb / lbf /時(108.04kg / kN /時)
推力重量比3.226lbf/lb (0.0315kN/kg)


バリエーション

  • ニーンMk.3:
    スーパーマリンアタッカーF Mk.1に搭載。

  • ニーンMk.10:
    ロッキードT-33に搭載。

  • ニーンMk.101:
    ホーカー シーホークに搭載。出力22.24kN。

  • ニーンMk.102:
    スーパーマリンアタッカーFB Mk.2に搭載。

  • P&W J42:
    P&Wでのライセンス生産型。F9Fに搭載。

  • クリーモフ RD-45?
    ソ連でのデッドコピーモデル。VK-1として発展した。


*1 水噴射装置付の改良型。
*2 ダーヴェント?の名が付いているが別物。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS