Last-modified: 2018-06-06 (水) 15:07:39 (139d)

【ドレッドノート】(どれっどのーと)

Dreadnought(「恐れしらず」の意)

1906年にイギリス・ポーツマス工廠で建造された戦艦
(超)ド級の語源となった。

当時は、何kmも先にいる敵艦と撃ちあうなどということが現実的ではないとされ、またそれに必要な大口径の砲も扱いにくく、実用に耐えうるものではないだろうと思われていた。
そのため、各種口径の砲を混合搭載することが一般的であり、また、船首に備えたラムを用いる戦法(衝角攻撃*1)も一般的であった。
しかし、日露戦争において日本海軍が遠距離射撃を行った実績が注目され(これについては諸説あり)、12インチ砲10門・3インチ砲24門・18インチ魚雷発射管5基を装備し、かつ11インチの装甲という当時は桁外れの重武装、重装甲の戦艦が完成することとなった*2
注目すべき点は、主砲塔5基のうち3基を中心線上に配置したことにより、右舷・左舷両面に対して砲撃できるようになったことで、以降の戦艦は少なからずこの配置を採用している。
世界はこれにより一気に大艦巨砲主義という方向に流れだし、列強各国は建艦競争に突入して行くこととなる。
なお、その叩き台となったのは、日本の薩摩型戦艦であり、本艦型は12インチ連装砲塔2基の他に中間砲として連装砲塔型の10インチ砲を6基搭載し、砲戦能力を飛躍的に高めており、ドレッドノートはそれに対抗したものとされる。

しかし、既存の全ての軍艦を時代遅れにしたと称される程の革新的な本艦の生涯唯一の戦果は、第一次世界大戦中の1915年、ペントランド河口付近を哨戒中に発見したドイツ潜水艦「U-29」を衝角攻撃で沈めたのみであった。
また、自身がきっかけとなって急速に発展した工業技術によって陳腐化も早まり、後に建造された「後輩」達と艦隊を組むと脱落してしまうため前線からも早々に姿を消す事になる。

スペックデータ
主造船所ポーツマス造船所
起工1905.10.2
進水1906.2.10
就役1906.12.2
退役1919.
備考1922. スクラップとして売却
1927. インヴァネスで解体
排水量
(常備/満載
18,110t/21,845t
全長160.6m
全幅25m
吃水8m/9.4m(満載)
主缶バブコック・アンド・ウィルコックス式石炭・重油混焼水管缶×18基
主機パーソンズ式直結タービン(高速・低速)×2組4軸推進
出力23,000hp
最大速力21.0kt
航続距離6,600浬(10kt)
乗員定数800名
武装Mark10 45口径12インチ(30.5cm)連装砲×5基
QF 7ポンド 50口径3インチ(7.6cm)単装砲×27基
18インチ(45cm)単装魚雷発射管×5基
装甲舷側:279mm(舷側)
甲板:76mm
砲塔前盾:279mm
バーベット部:279mm(最厚部)
司令塔:279mm

*1 具体的には「ラムを敵船の船腹にぶつけて動きを封じた後、武装船員を乗り込ませて白兵戦により拿捕する」
  あるいは「ラムを敵船の船腹にぶつけて穴を開け、浸水させて沈没に持ち込む」というもの。

*2 また、英国戦艦としては初めてラムを廃止した艦でもある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS