Last-modified: 2011-03-05 (土) 15:13:52 (2417d)

【ドップラー効果】(どっぷらーこうか)

音波や電波などの波の発生源と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象。
サイレンを鳴らした緊急車両が近づく時には高い音(高周波)で、遠ざかる時には低い音(低周波)で聞こえる例が有名。

移動中の航空機が発信するレーダー波も、接近する物体に発信すると高い周波数で、遠ざかる物体に発信すると低い周波数で返ってくる。
これによって対象の距離を測るのがドップラーレーダーである。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS