Last-modified: 2014-11-15 (土) 16:22:46 (1122d)

【ドーサルスパイン】(どーさるすぱいん)

戦闘機等の軍用機において、コックピットの後方から垂直尾翼にかけての背面部に設けられた張り出し部。

元々は、ダブルデルタ翼LEXなどと同じく、渦流を生み出して垂直尾翼失速を遅らせ、機体の安定性を確保するための物であるが、現在では機内に収容しきれないアビオニクス燃料タンクを増設するための張り出し部となっている事が多い。

B-17A-4F-16MiG-29などの一部のタイプで見ることができる。

mig21bis.jpg

(MiG-21bis)


添付ファイル: filemig21bis.jpg 764件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS