Last-modified: 2016-07-28 (木) 13:39:05 (504d)

【テキサスタワー乱射事件】(てきさすたわーらんしゃじけん)

1966年にアメリカ合衆国のテキサス大学で発生した銃乱射事件。

同校で建築学を学んでいたチャールス・ホイットマンが大学の時計台に篭城して眼下の通行人を無差別に狙撃*1、最終的に妊婦を含む15名を殺害した*2

この事件に対する警察の対応に問題があった事から*3、警察内部に特殊部隊を設置する運動を加速させたきっかけにもなった。

関連:SWAT


*1 後に製作された映画「フルメタル・ジャケット」では
  「チャールズ・ホイットマンは500ヤードの距離で柱の陰の男を撃ち抜いた。あいつはどこで射撃を習った?もちろん海兵隊だ!」
  などと揶揄された。

*2 胎児を含む11人の通行人と、展望台の観光客2人、受付嬢、妻と母親の計16人死亡とする資料もある。
*3 当時、地元の警察には機動隊に相当する部隊しかなかった。
  また、犯人がかつて海兵隊に所属していて銃の扱いに熟達しており、なおかつ90mの高度差を利用した射撃だったため、警察手持ちの銃器では歯が立たなかった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS