Last-modified: 2014-12-28 (日) 00:33:44 (942d)

【ツポレフ】(つぽれふ)

Туполев/Tupolev

ロシアの航空機メーカー。
1922年、飛行機設計者アンドレーイ・トゥーポレフにより設立された「ツポレフ設計局」をルーツとする。

第二次世界大戦において、金属製の機体にエンジンを左右に搭載した爆撃機「Tu-2?」がソ連の最高級の爆撃機として活躍。
そして戦後「冷戦」に入ると、アメリカのB-29をもとにソ連にとって初の大陸間戦略爆撃機の基盤となる「Tu-4」を開発。
同機は1947年に初飛行し量産された。

その後も、後退翼により亜音速性能を実現したジェット推進爆撃機「Tu-16」、アメリカの「B-52」に相当する「Tu-95」、Tu-16を代替する目的で開発された超音速爆撃機「Tu-22」など数々の大型爆撃機を開発した。

また需要の拡大により、爆撃機のみならず旅客機の開発にも着手し、世界で二番目のジェット旅客機「Tu-104*1、世界初の超音速旅客機Tu-144」、3発のジェットエンジンが特徴の「Tu-154」など開発した。

冷戦終了後、ツポレフは亜音速の民間航空機の研究に力を入れ、現在Tu-204Tu-334?航空機の開発、ロシア海軍の飛行部門および空軍の近代化などの事業が行われている。

主な製品

  • 旅客機
  • 無人機
    • Tu-121
    • Tu-123「ヤトスレプ1」
    • Tu-139「ヤトスレプ2」
    • Tu-141「ストリーシュ」
    • Tu-143「レーイス」
    • Tu-243「レーイスD」
    • Tu-300
  • 試作のみ
  • 開発または構想中
    • Tu-156
    • Tu-206
    • Tu-216
    • Tu-244
    • Tu-304
    • Tu-306
    • Tu-324
    • Tu-330
    • Tu-354
    • Tu-414
    • Tu-444*3
      IMG_3877.jpg
         Tu-95
       

*1 Tu-16がベース。
*2 「Tu-95のロシア軍での呼称」または「Tu-20のNATOでの呼称がTu-95」という説が有力だったが、当のロシア国内は疎かツポレフ設計局ですら"知らない"らしく、ロシア軍でもTu-95はままに「Tu-95」と呼称されているあたり実在しない可能性が高い。
*3 実現すればTu-144以来のツポレフ製超音速旅客機。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS