Last-modified: 2022-11-05 (土) 02:34:06 (209d)

【チョールヌイ・オリョール】(ちょーるぬい・おりょーる)

Объект 640 <<Чёрный орёл>>

ロシア連邦・国営公社オムスク戦車工場が開発していた試作主力戦車
1997年から「オブイェクト640(第640号計画)」の名称で開発が始まり、1999年に試作車がシベリアで行われた展示会に出展されたが、2010年に主に予算上の問題で開発中止になっている。
名称はロシア語で"黒い鷲"の意味で「カザノワシ」のこと。西側では「ブラックイーグル(Black Eagle)」とも呼ばれることもある。

車体はT-80Uをベースに車輪を7輪式に変更したものを使用しており、砲塔は大型の砲塔バスル(後部張り出し)を有するものを搭載している。
主砲は2A46M 125mm滑腔砲を搭載し、新型の自動装填装置や照準システムなどを搭載した。140mm滑腔砲の搭載も検討されていた。
また、防禦装置には「シュトーラ2」(Штора:カーテン)及び「ドロースト」( Дрозд:ツグミ)アクティブ防御システムを装備。
装甲には「カークトゥス」(Кактус:サボテン)と呼ばれる爆発反応装甲複合装甲を兼ねた特殊装甲を装備している。

スペックデータ

乗員3名
全長12m
車体長7m
全高1.8m
全幅3.58m
重量50〜55t
懸架方式トーションバー方式・全輪独立懸架
エンジンGTD-1250 ガスタービン(出力1,250hp)
速度70km/h
行動距離500km
装甲複合装甲+爆発反応装甲(「コンタークト5」・「カークトゥス」)
武装2A46M 125mm滑腔砲
NSVTまたはKord 12.7mm機関銃
PKT 7.62mm機関銃
防御装置「シュトーラ2」または「ドロースト」アクティブ防護システム



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS