Last-modified: 2016-08-01 (月) 12:33:06 (388d)

【チャレンジャー600】(ちゃれんじゃーろっぴゃく)

Bombardier Challenger 600.

カナダのボンバルディア・エアロスペース社が1970年代に開発・生産したビジネスジェット機
ウイングレットのついた後退翼T尾翼を備え、エンジンは胴体後部につけられている。

元々、同機はアメリカのリアジェット社が「LearStar600」として構想していたものをカナディア社が買い取って開発を進めたものである。
その後の再編で権利がボンバルディアに移り、現在も販売されているのである。

なお、ボンバルディアが製造・販売しているリージョナル路線向け旅客機「CRJ」シリーズは元々、本機を基にして設計されている。

スペックデータ(601-3A)

乗員2名(機長副機長
乗客19名(最大)
全長20.85m
全高6.3m
全幅19.61m
空虚重量9,292kg
ロード重量19,618kg
最大離陸重量19,550kg
エンジンGE CF34-3A?ターボファン×2基(推力40.7kN)
速度
(最大/巡航)
882km/h / 851km/h
航続距離6,236km
上昇限度12,500m
上昇率1,355m/min
ペイロード1,814kg


バリエーション

  • CL-600:
    初期生産型。
    うち76機はウイングレットが装備され601-1A相当に改修された。
    また、12機がカナダ軍に採用され、CC-144、CE-144、CX-144などと呼称された。

    • CC-144:
      カナダ軍で汎用機として採用された際の名称。

    • CE-144:
      CC-144の電子戦訓練機型。

    • CX-144:
      試験機型。

  • CL-601A:
    ウイングレットが装備され、エンジンが強化された型。
    • CL-601A/ER:
      燃料容量を601-3R相当に拡大した型。

  • CL-601-3A:
    グラスコックピットを採用した型。
    • CL-601-3A/ER:
      601-3Aの燃料容量を601-3R相当に拡大した型。

  • CL-601-3R:
    テイルコーン?に燃料タンクを増設した型。航続距離6,630km。

  • CL-604:
    大幅な改良型でエンジン燃料容量、主翼尾翼の構造、電子装置などが改良されている。
  • CL-605:
    2006年に登場した最新型。
    機体構造を見直しが行われ、尾部形状が丸みを帯びたほか、キャビンの窓などが拡大されている。
    アビオニクスも改良された。

  • CL-610:
    乗客24名を載せるストレッチ型。1981年に開発中止。
    この構想を元にボンバルディア CRJが開発された。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS