Last-modified: 2022-09-29 (木) 08:11:43 (61d)

【チャレンジャー】(ちゃれんじゃー)

FV4030/4 Challenger 1.

1980年代に英国で開発・生産された主力戦車
英国陸軍には1983年から配備が始められ、1990年までに試作車を含み420両が生産・配備された。

本車は、当時イラン向けとして開発されたものの、イスラム革命でキャンセルされてしまったチーフテンの改良型「シール1」及び「シール2」戦車をベースにして開発され、弾道コンピュータは新型を搭載しているが、主砲はチーフテンと同じく55口径120mmライフル砲L11A5を採用、FCSも同じものを踏襲している。
また、西側戦車としては初めて、各種素材をサンドイッチ構造とした「チョーバム・アーマー」と呼ばれる複合装甲を採用した。

本車は当初、CAT(Canadian Army Trophy)射撃競技会などでM1レオパルト2に大差を付けられ、その能力に疑問符が付けられていたが、1991年の湾岸戦争では、1両の損失も無く200両近いイラク軍戦車を撃破し、さらに5,000mの距離からT-55を撃破するという高い能力を発揮し、そんな不評を払拭することに成功した。

現在はすべて後継のチャレンジャー2へと交替、退役し、318両がヨルダン陸軍に引き渡された。
ヨルダン陸軍では「アル・フセイン*1」の名称で呼ばれている。

スペックデータ
乗員4名
全長11.56m
車体長8.84m
全高2.95m
全幅3.51m
戦闘重量62.0t
懸架方式ハイドロニューマチック式
エンジンパーキンス CV-12-1200TCA 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル
(出力1,200hp(895kW))
登坂力58%
超堤高0.9m
超壕幅2.8m
最大速度56km/h(路上)
航続距離450km
装甲複合装甲/爆発反応装甲
兵装L11A5 55口径120mmライフル砲×1門(弾数64発)
L8A2 7.62mm機関銃×1挺
L37A2 7.62mm機関銃×1挺(弾数4,000発)
6連装発煙弾発射器×2基


【派生型】

  • チャレンジャー1 Mk.1:
    初期生産型。

  • チャレンジャー1 Mk.2:
    第二次生産型。TOGS(Thermal Obersvation Gun Sight)射撃システムが追加された。

  • チャレンジャー1 Mk.3:
    第三次生産型。

*1 現国王・アブドゥラー2世の実名にちなむ。なお、国王自身はヨルダン陸軍最高司令官も務めており、本車の操縦ができるだけではなく、英国軍仕込みで部隊の指揮もできる、とのこと。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS