Last-modified: 2022-11-04 (金) 11:12:06 (86d)

【ダブルデルタ】(だぶるでるた)

二重三角翼。
デルタ翼の前縁後退角が途中で変化している、角度の異なる三角形をふたつ重ねたような形状の翼。
コンパウンドデルタ(複合三角翼)と呼ばれることもある。

付け根側の前縁後退角が深く、翼端側の前縁後退角が浅いものが一般的。
逆に外翼の後退角が深くなっているものも存在する(ビゲンテジャス?など)。

手前の内翼が渦流を発生させ、後ろ側の外翼が発生させる揚力を増大させる。
ストレーキの前身的存在とも言える。
後退角が大きいデルタ翼の欠点を解消するために開発されたが、ピッチの安定性が悪いという問題もあり、採用機種は少ない。

実用例としてドラケンTu-144Sスペースシャトル等が挙げられる。
また、コンコルドTu-144(原型機)のように前縁後退角が滑らかに変化するものをオージー翼と呼ぶ。
F-16XLのように、外翼の後縁に後退角を付けたものをクランクトアロー・デルタという。

draken.jpg

(ドラケン)


添付ファイル: filedraken.jpg 1504件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS